4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2024年6月まで価格上限を超えてロシア産原油を輸入する可能性があると米国が発表 – 2023年9月27日午前1時01分(東部夏時間)

日本は2024年6月まで価格上限を超えてロシア産原油を輸入する可能性があると米国が発表 – 2023年9月27日午前1時01分(東部夏時間)

ピーター・ランダース著

東京 – 日本は、他の米国同盟国が維持している1バレルあたり60ドルの価格を超えてロシア産原油の輸入を継続することについて米国から承認を得たと発表した。

日本に与えられた免除は、2023年9月30日に期限切れとなった後、2024年6月28日まで続く。 これには、日本の商社が参加するロシア極東のサハリン2プロジェクトから日本に輸出された石油も含まれる。 投資しました。

米財務省は9月14日付でライセンス延長を承認した。

日本当局は、大量の天然ガスから抽出されるサハリン2石油を少量輸入する必要があると述べた。 ロシアの液化天然ガス(LNG)は長期契約に基づく日本の総LNG輸入量の10%近くを占める。

今年最初の2カ月でロシア産原油の価値が1バレル=70ドル近くあった当時、日本は69億円(現在の価格で約4600万ドルに相当)を輸入した。 日本政府の貿易統計によると、それ以来何も輸入していない。

米国主導の制裁の下、先進民主主義7カ国(G7)諸国の企業は、価格が1バレル当たり60ドルを下回る場合にのみ、ロシア産原油の輸送と保険を許可されている。

米当局者らによると、この政策はロシア産原油を世界市場に供給し続けることでロシアの歳入を減らすことを目的としている。 日本に与えられた免除は少量の石油にのみ影響し、政策の有効性は変わらないと彼らは述べた。

Peter Landers (peter.landers@wsj.com) にメールしてください。

(終了) ダウ・ジョーンズ通信

09-27-23 0100ET

READ  日本では寒さが冬物商品の売り上げを押し上げる