11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は2,000億ドルの景気刺激策を解き放ちます | フィナンシャル・タイムズ

日本政府は金曜日に29兆1000億円(1970億ドル)の新規支出を発表し、商品価格と円安の消費者への影響を緩和したが、日銀は超緩和的な政策に固執した.

日銀の黒田東彦総裁が利上げの可能性を否定した数時間後、岸田文夫首相は景気刺激策を発表した。

岸田 彼は支出パッケージを言ったこれにより、家庭のエネルギー コストが低下し、日本の消費者物価上昇率が 1.2 パーセント ポイント以上低下することが期待されていました。 彼は、それが実質 GDP に 4.6% を追加すると述べたが、時間枠は明らかにしなかった。

9 月に 3% に達した日本のインフレ率は、米国とヨーロッパのインフレ率をはるかに下回っています。 しかし、岸田氏は、国民の支持率が急激に低下する中、高額な生活費に対処するための抜本的な対策を講じる必要に迫られている.

9 月以降、日本の当局は少なくとも 2 回の介入を行った 円サポート日銀の超ハト派政策と他の主要中央銀行による間隔の縮小により、32年ぶりの低水準に落ち込みました。

木曜日の欧州中央銀行 金利上昇 日銀はオーバーナイト金利を 2009 年以来の最高水準であるマイナス 0.1% に据え置き、10 年物国債利回りは 0% に固定されました。

通貨市場の異常なボラティリティの中で行われた広く予想された日銀の決定により、当初、円は 1 ドル 146.21 円とわずかに上昇しました。 しかし、黒田総裁が早期の利上げを検討していないことを明らかにした後、通貨は 147 円を割り込んだ。

「私たちは 2% の達成に近づいています。 [core consumer inflation] 黒田総裁は次のように述べたが、「利上げや撤退は当面考えていない」と付け加えた。

長期金利を押し下げる政策により、10年物国債市場の取引は事実上凍結されたが、日本の中央銀行は11月、利回り曲線のコントロールを維持するために債券購入の頻度を増やすと発表した.

日銀 2023 年 3 月までの 1 年間のコア消費者インフレ予測を 7 月の 2.3% から 2.9% に引き上げ、実質 GDP 予測を 2.4% から 2% に引き下げた。 日銀の予測では、新たな景気刺激策の支出は考慮されていません。

しかし中央銀行は、2023 年度と 2024 年度の両方でインフレ率が 1.6% に低下すると予想しています。 経済の基本的な需要が弱すぎて、政策の引き締めに移行できないと主張した。

これまでのところ、岸田氏は日銀の政策への支持を表明しているが、一部のアナリストは、政府が上昇する生活費への取り組みに注力しているため、日銀に対する政治的圧力が高まる可能性があると述べている。

“と 岸田政権の支持率が低下している中、日銀の金融政策は全く別の方向を向いており、政府が円安を食い止めるための介入を行って政治問題化する状況を、政府がどこまで許容できるか疑問だ」と語った。言った。 バークレイズの日本経済調査責任者、山川哲文氏は次のように述べています。

READ  日本のポップカルチャーについてどのくらい知っていますか? J TheJournal.ie