12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は12月1日からCOVID-19ブースターショットを提供します

月曜日の保健省のパネルの承認に続いて、日本は、時間の経過とともにセキュリティが低下するのを防ぐために、他の国々と一緒に、12月1日からCOVID-19ワクチンのブースターショットを提供する予定です。

ファイザー株式会社そして、BioNTech SEによって開発されたワクチンは、最初は3回目の接種、つまり日本で使用されている他の2つのタイプのいずれかを受け取った個人(Moderna Inc.)にのみ使用されます。 そして、AstraZenecaPlc。 -「ミックスアンドマッチ」。

厚生労働省は、地方自治体は、例えば進行中の蜂起を抑制するために、必要と思われる場合、ギャップを6か月に短縮することができるが、個人は2回目と3回目のショットの間に8か月待たなければならないと述べた。 感染症。

ブースターショットは、感染や重度の症状に対する防御力の低下を防ぐのに効果的であることが証明されており、米国は9月下旬からそれらを提供しています。

岸田文雄首相は、今年後半に3回目の投与を開始することを約束しており、1月に高齢者に拡大する前に医療スタッフとともに開始する予定です。

ブースターショットの資格があり、既存の条件または高リスク産業で働いている18歳以上の個人は、それらを取得することが特に奨励されます。

地方自治体は今月後半にブースターディスプレイ用のバウチャーの郵送を開始します。

ファイザーまたはモダニナによって開発されたメッセンジャーRNAワクチンのみが、1回目および2回目の投与を受ける個人に関係なく投与できます。 ただし、Modernaのワクチンは、保健省によって3番目のワクチンとしてまだ承認されていません。

さまざまな技術を使用するアストラゼネカワクチンは、ブースターショットとして使用される前にさらにテストされます。

日本政府によると、国の人口の75%以上が完全にワクチン接種されており、国がゆっくりと始まっているにもかかわらず、7人のグループの他のメンバーよりも高い率です。 78%以上が少なくとも1回のショットを受けています。


関連する報道:

日本の都市の90%以上が11月にCOVIDワクチンをリリースしています。

日本は160万のCOVID経口薬を保護しています。 人

日本のファイザーコビット-19ワクチンはブースターショットの投与を調整します


READ  地震情報:中程度のMac。 5.7地震-内海、東京の南46 km、山口市シャノン市、2021年7月17日土曜日午後8時50分(GMT +9)