2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は過去30年間で最大となる3.6%の賃上げの準備が整っている

日本は過去30年間で最大となる3.6%の賃上げの準備が整っている

2023年3月29日、西日本、京都の錦市場を歩く観光客の群衆。 ロイター

日本企業が今年、月平均定期賃金を記録的な額で引き上げた、あるいは引き上げる予定であることが、火曜日の政府年次調査で明らかになった。

政策当局者らは、デフレを終わらせ、持続可能な2%のインフレ率を達成・維持するには賃金引き上げが必要だと主張している。

厚生労働省が7月20日から8月10日にかけて1,901人を対象に実施した調査によると、今年の所定内賃金は月平均で3.2%(9,437円)上昇し、1999年の両比較統計開始以来最高となった。 。 。

残業代や休暇、特別手当などを除いた手当を含む所定内賃金は昨年、1・9%増の5534円だった。

今年、平均定期給与を引き上げまたは増額した企業の割合は89.1%に達し、昨年の調査の85.7%から上昇し、2019年以来最高となった。

同省関係者によると、その割合の増加の影響は調査の記録的な結果に反映されているという。

賃金は昨年まで数十年にわたって停滞しており、原材料価格の急上昇がインフレを加速させ、それに応じて労働者に報酬を支払うよう企業への圧力が高まった。

労働組合団体連合によると、大企業は今年初め、過去30年間で最大の賃上げとなる平均3.58%の賃上げに合意した。

企業、労働組合、エコノミストらの初期の兆候は、今年の引き上げの背後にある労働力とコストの圧力が来年の春季賃金交渉まで続くということだ。

公開日: 2023 年 11 月 28 日 12:28:23 IST

READ  ZEROBASEONE (ZB1) 人気上昇中のフォトカードは日本でも高値で取引されています。