9月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は第二次世界大戦の終わりを告げる、岸田は占領について言及しない

日本の岸田文夫首相は月曜日、第二次世界大戦での日本の敗戦から 77 周年を記念する厳粛な式典で、日本の不戦の誓約を更新したが、日本の戦時中の占領については言及しなかった。

岸田首相は10月の就任後初の首相演説で「戦争の悲劇を繰り返さないという決意を堅持する」と述べた。

岸田は、20 世紀前半を通じて日本がアジアを占領したことや、この地域の犠牲者については触れていない。 ボイコットは、日本の戦時中の残虐行為をごまかすために推進した、殺害された元指導者安倍晋三によって設定された前例です.

岸田は、アメリカが広島と長崎に投下した原子爆弾、日本の大規模な焼夷弾による爆撃、沖縄での血なまぐさい地上戦など、日本がその国土に与えた被害に重点を置いた。 彼は、今日の国が享受している平和と繁栄は、戦争で命を落とした人々の苦しみと犠牲の上に成り立っていると述べました.

安倍首相は 2013 年から、8 月 15 日の演説で日本の戦時中の敵対行為を認めたり謝罪したりすることをやめ、1995 年に始まった伝統に終止符を打ちました。

徳仁天皇はスピーチの微妙なスピーチで日本の戦時中の行動に対する「深い遺憾」を繰り返し、父である明仁上皇は戦時中の裕仁天皇の名の下に戦争の償いに人生を捧げたと述べた。 現天皇の祖父。

武道館アリーナで開催されたセレモニーでは、正午に900名の参加者が1分間の黙祷を捧げました。 パンデミックの前に群衆は約5,000人に減り、参加者はマスクを着用するよう求められ、国歌は歌われませんでした.

岸田氏は靖国神社への参拝を控え、代わりに宗教的な装飾品を贈ったが、閣僚の3人、高市誠経済安全保障相と秋葉研也災害復興相が月曜日に、西村康稔通商産業相が土曜日に訪れた。

多賀一氏は記者団に対し、「国のために命を捧げた人々の霊に敬意を表した」と述べ、ウクライナで戦死者がこれ以上出ないことを祈ったと付け加えた。

20世紀前半の日本の行動の犠牲者、特に中国と韓国は、戦争で亡くなった約250万人の戦犯を称える神社を日本の軍国主義の象徴と見なしている.

中国外務省の王文彬(Wang Wenbin)報道官は、西村氏の訪問後、日曜日に西村氏の「歴史問題への誤ったアプローチ」を批判した。

王外相は日本に対し、日本の侵略の歴史を深く反省し、責任に関連する問題を適切に処理し、具体的な措置を通じてアジアの近隣諸国とより大きな国際社会の信頼を勝ち取るよう促した。

READ  Samvardhana Motherson Automotive は、日本のいちご工業のガラス事業を買収する予定です。