3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は田中の活躍で勝ち続ける / IJF.org

日本は田中の活躍で勝ち続ける / IJF.org

この日の 3 部門すべてと同様に、日本は決勝戦にも選手を出場させました。 今年、田中志保はまだ国際トーナメントに出場していないが、それも終わり、引き分けの半分で決勝進出を決めて以来、好調を維持している。決勝戦はカザフスタンで優勝した強力なエリザベット・デルシドが独占するはずだった。 1週間前。


決勝、ラウラ・チヴィェトコ (CRO) vs. 田中志保 (JPN)

2021年東京オリンピックメダリストのメディナ・タイマゾワ(AIN)は決勝進出を望んでいたが、またしても田中志保が準決勝で彼女を倒し、すべての計画を打ち砕いた。


決勝、ラウラ・チヴィェトコ (CRO) vs. 田中志保 (JPN)

2022年世界柔道選手権大会・タシケント大会の第2シードであるラウラ・シビジェットコ選手(CRO)が、モンゴルでの大会では第1シードであることを私たちは忘れがちだ。 他のシードが深刻な問題に直面した場合、賢明かつ確実に、ラウラ・チヴィェトコはタナカと対戦する決勝への出場権を獲得した。


金メダリスト 田中志穂選手(日本)

決勝戦は緊迫した接戦となり、最終的にはPK戦で田中が勝利した。 日本に金メダルがまた一つ増えたが、収穫はまだ終わっていない。


銅メダリスト、メディナ・タイマゾワ(AIN)

ダリア・クラモイキナ(AIN)とマディナ・ティマゾワ(AIN)が表彰台を獲得した。 ダリア・グラモイキナが出場できなかったため、銅メダルはマティナ・ティマゾワが獲得した。


銅メダル決定戦、エリザベット・デルシート (GRE) vs マヤ・ゴシェン (ISR)

エリザベト・テルツィドゥ(GRE)はマヤ・ゴーシェン(ISR)との対戦でメダルを狙っていたが、彼女にとって残念なことに、イスラエルの柔道家は今日それをさらに望んでいた。 このレベルの種目で2人目の銅メダリストであるマヤ・ゴシェンが銅メダルを獲得した。


国際柔道連盟事務総長のリサ・アレン博士と、モンゴル柔道協会のパートナーで元国会議員でモノス・グループのディレクターであるエルデネシメク・ルブサン女史からメダル、小切手、花が贈られた。

銅メダル戦(-70kg級)

READ  アラブ首長国連邦とサウジアラビアは、11 月の日本の原油需要の 76.4% を供給しました。