10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は海外の放射性プラント設備の撤去を監督している

日本は、海外の原子力発電所から大型の未使用機器を撤去するための輸出規制を促進することを計画しています。

このシステムは、国内のすべての放射性廃棄物を処分するという政府の方針からの大きな転換を示すでしょう。

産業省は、10月に閣議決定を待っている更新基本エネルギー計画の草案で、改訂された処分方針を概説しました。

プロジェクトが承認されたとしても、政府や原子力発電所の運営者がプロジェクトのコストの見積もりや貨物の安全性の確保などの多くの障壁を取り除くには時間がかかる場合があります。

原子力産業を統括する経済貿易産業省は、蒸気発生器、給水加熱器、核燃料貯蔵・輸送ボックスの3種類の大型放射性機器の海外への排出を検討している。

これらのコンポーネントのサイズは5〜20メートル、重量は100〜300トンです。

使用済燃料から発生する核廃棄物に比べると汚染度は低いですが、長年地下深くに埋めるなど、適切に処分・管理する必要があります。

同省は、これらの輸出を、全国の原子力発電所における放射性廃棄物の蓄積という深刻な問題に取り組むための「例外的な措置」と見なしている。

基本エネルギー計画の最新版の草案には、「安全な資源のリサイクルなど、特定の条件が満たされた場合に、輸出条件(放射性廃棄物の最小量)を輸出することが許可されます」と記載されています。

産業省は10月4日までアウトソーシング計画についてのパブリックコメントを求めています。

廃止された福島第一原子力発電所は、6基を含む24基の原子炉を解体することを決定しました。

これらの原子炉を撤去する作業は、2025年から本格化する予定です。

福島工場の炉を除くと、撤去されたユニットは165,000トンの低レベル放射性廃棄物を生成すると推定されています。

しかし、廃棄物の90%以上は、どこにも見つからず、処分されていません。

日本にはまだ原子力発電所で使用される機器の専用処分場がなく、発電所の運営者は施設に廃棄物を保管することを余儀なくされています。

同省は、サービスの外に機器を保管することは、非アクティブ化の抑止力になる可能性があると述べています。

専門家によると、米国とスウェーデンの一部の企業は、海外に送られた放射性廃棄物から金属を洗浄、溶解、リサイクルしています。

大学の原子力工学教授である岡本浩司は、次のように述べています。 東京。

特定の燃料管理の安全性と放射性廃棄物管理に関する労働協約の下で、放射性廃棄物を生産する署名国は、原則として、その領域内でそれを処分することを強制されています。

しかし、ビジネスパートナーに基づいて国の承認を得れば、廃棄物は例外的なケースとして輸出することができます。

朝日新聞

ただし、日本の外国為替および外国貿易管理法は、そのような輸出を禁止しています。

彼らは政府に申請書の処分方針を変更するよう要請し、産業省は核技術の専門家と協力して既存のシステムを検討している。

厚労省は日本での廃棄物処理政策を推進したいが、3種類の原子力発電所設備をすべてリサイクルすることを条件に輸出を承認する予定である。

省当局者は、この計画は、法律を変更することなく、改正された省令によって達成できると述べています。

海外でリサイクルするために設計された機器には、発電する原子力発電所に設置されたコンポーネントが含まれている場合があります。

しかし、計画を実現するために、省は多くの問題を解決しなければなりません。

原子力発電所の運営者は、低レベルの放射性廃棄物を処分する主な責任を負っています。 これらの日本企業が海外のリサイクル業者に支払う実際の費用はまだわかっていません。

法案は当初の見積もりよりも高額です。

放射線で汚染された機器を安全に海外に送る方法も、未解決の問題です。

日本の核廃棄物の量は、2011年の福島原発事故以来増加しています。 原子力発電所での適用は徐々に再開されましたが、特に新しい安全基準の下でのアップグレードに必要なコストのために、成熟した原子炉を解体することを決定した人もいます。

何十年もの間、日本は、主に候補地の住民からの反対により、国内でそのような廃棄物の最終処分場を確保することができませんでした。

(この物語は長崎淳一郎と藤波悠によって書かれました。)

READ  日本は水素の超大国になりたい