2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は海外で発行されたステーブルコインの使用制限を緩和

編集者注: 市場のボラティリティが非常に高いため、毎日のニュースに遅れないようにしてください。 今日の必読ニュースと専門家の意見の簡単な要約で、数分で把握できます。 ここに登録!


(キドコニュース) – 5月のTerra/Lunaの崩壊後、暗号市場の活動を支援する構造的に重要な役割が明らかになったため、2022年に規制当局はステーブルコインに焦点を当てました。


日本は、テザー(USDT)や米ドルコイン(USDC)などの人気のある米ドルに裏打ちされたステーブルコインの使用に対する制限を再評価した最初の国の1つになりました. 日本在住の仮想通貨投資家のドル建てステーブルコイン。


一歩 報告する 日本の通信社、日経、国の金融サービスによる


金融庁(FSA)は、2023年に外国発行のステーブルコインの国内流通の禁止を緩和する予定です。 現在、国内で登録されている取引所のいずれも、USDC や USDT などのステーブルコインの取引を提供していません。


新しい規制の下で、日本は地元の取引所が預金と最大送金額を通じて資産保護の目的でステーブルコイン取引を促進することを許可します。 地元のディストリビューターは、十分な資産を維持すれば支払うステーブルコインの取り扱いを任されています。


このレポートは、ステーブルコインの使用が広がれば、海外送金はより速く、より安くなると示唆しています。


日本で発行されたステーブルコインの場合、新しい規制では、発行者は担保となる付加価値資産を準備する必要があり、発行者は銀行、登録為替エージェント、信託会社などの規制対象のエンティティに限定する必要があると規定されています。


金融庁は、12 月 26 日に新しいガイドラインに関する公開協議を開始しました。 FSAによると、国内でステーブルコインの配布を許可するには、マネーロンダリング対策に関する追加の法律が必要になるとのことです。


現在、最も人気のある 2 つのステーブルコインを取引できる取引所は存在しないため、新しい規制は、国内で利用可能な取引サービスに大きな影響を与えると予想されます。


新しいガイドラインの中で、外国のステーブルコインの最大送金額は、1 回の取引で 100 万円または 7,500 ドルです。


この開発は、日本の当局がここ数か月で暗号関連の規制を積極的に開発しているためです。 12月15日、日本の与党自民党の税務委員会は、仮想通貨ビジネスがトークンによって発行された紙の利益に対する税金を支払うことを免除する提案を採択した。


国もその意向を再確認した 独自の中央銀行デジタル通貨の作成を模索し続けています、デジタル円。 日銀の調査の次の段階では、2023 年春からデジタル円を発行するためのデモ実験を提供することを目的とした、国内の 3 つのメガバンクおよび地方銀行と協力して CBDC 発行パイロットを実施することが含まれます。


その他の政策提案には、分散型自律組織(DAO)、日本仮想通貨取引所協会のガバナンス改革、および仮想通貨企業の監査ガイドラインが含まれます。


国の規制当局は、日本の仮想通貨マイナーとの長期的な協力協定を推進しています。 日本の公益事業会社である東京電力サポート (TEPCO) と機器メーカーの TRIPLE-1 との間の合意により、仮想通貨のマイニングに追加のグリッド電力を使用することが計画されています。


免責事項: この記事で表明された見解は、著者の見解や意見を反映するものではありません キドコメタルズ株式会社 著者は、提供される情報の正確性を確保するためにあらゆる努力を払いました。 しかし、株式会社キトコメタルズ。 また、著者はそのような正確性を保証することもできません。 この記事は、厳密に情報提供のみを目的としています。 これは、商品、証券、またはその他の金融商品の交換を勧誘するものではありません。 株式会社キッコメタルズまた、この記事の著者は、この出版物の使用から生じるいかなる損失および/または損害についても責任を負いません。

READ  日本のトップ金融外交官は、ウクライナの対応をG7の最優先事項と呼びます