9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は水素の超大国になりたい

N2016東京 東京オリンピックが1964年に新幹線を離れたように、余市知事は、2020年のオリンピックで日本の首都が「水素コミュニティをその遺産として残す」と予測しています。 Massoo氏は、その年の後半に歳出スキャンダルで辞任した。 しかし、東京が7月23日の流行の遅い開会式の準備をしているとき、彼の夢は実現します。

この話を聞いてください

より多くのオーディオとポッドキャストをお楽しみください iOS または アンドロイド

オリンピック聖火は初めて水素を燃やしました(炎は無色であることを忘れないでください)。 トヨタが製造した約500台の車と100台のバスの中で、職員は水素を消費して水蒸気だけを放出する小さな発電所である燃料電池を走り回っています。 川崎キングスカイフロント東京レイホテルは、廃プラスチック由来の水素からエネルギーを得ています。

もちろん、すべての気の利いた。 しかし、軽いガスほど重要ではありません。 トヨタや他の日本企業による20年間の努力にもかかわらず、燃料電池車はマス市場から何マイルも離れています。 燃料補給インフラの欠如、小型車への材料の保管の難しさ、および燃料電池の継続的な高コストはすべて、輸送の装飾に主要な役割を果たす水素に反対しています。

しかし、日本には水素超大国のシーンがあります。 舞台裏では、同社は重工業やその他のハードデコーポニーセクターでオタクなアプリケーションを追求しています。 政府はそれらを推進しています。

たとえば、6月には、日本の経済産業省(リング)「直削鉄」に転換することにより、鉄鋼製品からの炭素排出量を削減する計画を考案しました(D.R.I.)。 これらのプロセスはどちらも、使用するエネルギーが大幅に少なく、必要な工業用化学物質(一酸化炭素など)の一部を気候に優しい材料に変換します。 リング 業界は、2030年までに高炉での水素の使用を商業化するために数十億ドルを稼いでいます。 合弁会社である三菱重工業は、オーストリアにゼロ炭素鋼工場を建設しています。 新日本製鐵はそれを望んでいる D.R.I. この技術は2030年までに商用利用される予定です。

日本企業も飼料生産に参入している。 水素を作る最も簡単な方法は、各分子に1つの水素原子と1つの炭素を含むメタンから水素を取り除くことです。 「改革」と呼ばれるそのプロセスは安価ですが、その副産物が地球を加熱する炭素であるため、汚れています。 水素はアンモニアや水からきれいにすることができますが、より高価です。 コストを削減するために、 1月日本最大の石油精製所は最近、2030年までに巨大な工場を建設する計画を発表しました。 これにより、電解プロセスを使用してクリーンなHを製造するコストが削減されます。2 H。2○3分の2。

7月、日本の実業家丸谷はオーストラリアの投資会社プロビデンスアセットグループと30のソーラーファームを建設する契約を締結しました。このファームの下で、再生可能エネルギーはバッテリーと水素の貯蔵にリンクされます。 彼らは最終的にグリーン水素を日本に輸出することを目指しています。 川崎重工業は最近、世界最大の液体水素貨物船を建造するための規制当局の承認を受けました。 新幹線ほど人目を引くものではありません。 しかし、おそらく、もっと実り多いでしょう。

この記事は、「CleanBurning」というタイトルのビジネスセクションの印刷セクションに掲載されました。

READ  ジャパンリザーブマックスマックスジャパンは70年の歴史の中で最初のアルファ女性を受け取ります