5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は柔道用具をラゴス協会に寄付します| ガーディアンナイジェリアニュース


2021年の約束を果たすため、日本政府は柔道用具をラゴス州柔道協会(LSJA)に寄贈しました。

ヤパのロウパークにあるモブジョンソンジョンソンスポーツセンターで開催された最初の機器発表イベントで、ナイジェリア駐日日本大使松中粕吉は、日本政府のラゴスのジェスチャーに従って、ナイジェリアの柔道の知名度を上げる準備ができていると述べた。スポーツを愛する国です。

彼は、彼のビジョンと関心が州の柔道に活力をもたらしたと述べたLSJAのシェリフ・ハメット大統領を称賛した。

粕吉氏は、寄付は州内のゲームの運を向上させるための継続的なプロセスになるだろうと語った。

「今日私たちがしていることは、2021年9月に政府を支援することを約束したときの約束を果たしているので、ここにいることができてうれしいです。これが最初のツールです。

これが、民主主義と経済発展の一部である尊敬の美徳、法の支配、規律と勤勉さをアスリートに教えるのに役立つ継続的なパートナーシップになることを願っています。

「私が今知っていることのいくつかは、柔道から得たものです。したがって、柔道は活動を超えた活動であるだけでなく、自分の人生を形作るのにも役立ちます」と彼は言いました。

彼は、寄付はナイジェリアと日本の間のスポーツ外交の一部であり、他のスポーツのために州への追加の支援を約束したと述べた。

これに対し、LSJAのリーダーであるハマド氏は、日本政府のジェスチャーは柔道の人気を高め、より多くの人々に柔道を受け入れるよう促すだろうと語った。

しかし、彼は日本政府に、ロウパークのモボロジージョンソンスポーツコンプレックスの柔道競技場の改修を支援するよう訴えました。

LOSC州スポーツ委員会(LSSC)のスポーツ開発ディレクターであるOluwatoyin Gafar、Oluwatoyin Gafarは、日本政府の寛大さに感謝し、設備が有効に活用されることを保証しました。 新郎ゲームの世界優勝者。

READ  2022年の第1四半期に回復が予定されている日本の国内線:シリアムの調査は札幌と沖縄に焦点を当てています| ニュース