5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は東京地域での停電を回避するために初めての停電警告を発しました

日本は火曜日に停電が停電につながる可能性があると警告した 強い地震、 寒い天候と相まって、国はグリッドを伸ばしました。

商務省によると、同国は火曜日から東京地区に停電警報を発令した。 東京電力ホールディングス株式会社月曜日の現地時間午後11時50分に予測されるように、火曜日の埋蔵量は0%減少すると予想されます。 長期的に1%を下回ると予想すると、計画停電が発生する可能性がありますが、Depcoはその可能性に対応できていません。

東京とその近郊の神奈川県、シバ県、埼玉県を含む8州に電力を供給しているデプコは、他の公益事業会社から237万キロワットの電力を受け取ると見込んでいると語った。

東京電力は、電力を節約するために、不要な照明を消し、温度を摂氏20度に設定するように家庭や企業に求めています。 同社は以前、火曜日の午前6時から午後7時までの電力消費率は97%になると予想していると述べていました。

商工省は、火曜日の午前8時から午後11時まで、会社の管理下にある地域に電力貯蔵が必要になると述べた。

同省は、東京電力が計画していた2011年以降の停電の最中に停電を引き起こして以来、これが最悪の停電になると指摘した。 強力な地震と津波 そして、その年の3月に福島第一原子力発電所で3回溶けました。

先週の東北地方での地震により、いくつかの発電所がオフラインになり、総電気料金が引き上げられました。 さらに悪いことに、世界的な燃料不足のために天然ガスと石炭の価格が上昇し、国の公益事業者のためにスポット配送を迅速に購入するには費用がかかりすぎています。

ブルームバーグがまとめたデータによると、日本では火曜日の気温が低くなると予測されています。 国のほとんどの地域で曇りが予想され、太陽光発電施設からの生産が減少します。

日本卸電力取引所がまとめたデータによると、翌日の配電の平均価格は月曜日に1キロワット時あたり64.06円(54セント)に上昇し、2021年1月以来の最高値となった。 火曜日の午前7時30分から午後11時までの日本の平均電気料金は、昨年政府が設定した実際の制限であるநடைமுறை80に達しました。

商務省によると、先週の地震の影響で約3.3ギガワットの電力がまだ遮断されており、すでに供給不足に圧力がかかっている。 地震直後の先週、6ギガワット以上がオフラインでした。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  岸田文雄:なぜ日本の新首相の職が削減されたのか