5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は建設で失われた桜の代わりに250本の新しい桜の木をワシントンに提供

日本は建設で失われた桜の代わりに250本の新しい桜の木をワシントンに提供

この夏、日本は数百本の桜の木を伐採する代わりに、建設作業員が首都の干潟周辺の崩れかけた防潮堤を修復するために米国に250本の新しい桜の木を寄贈する。

日本の岸田文雄首相は水曜日、公式訪問と公式晩餐会のためにジョー・バイデン大統領がホワイトハウスに歓迎した際に発表した。 バイデン氏は、この贈り物は2026年のアメリカ建国250周年を記念するものだと述べ、「私たちの友情と同様、これらの木も時代を超え、インスピレーションを与え、繁栄している」と付け加えた。

1912年、ヘレン・ヘロン・タフト大統領夫人と駐米日本大使の妻シンダ子爵夫人は、ポトマック川のタイダル・ベイスンの北岸に2本のソメイヨシノを植えました。 これらは、両国間の友好の象徴として日本が米国に贈った3,000本の木の一部でした。

毎年春には木々が鮮やかなピンクや赤で咲き、100万人以上の観光客がワシントンを訪れます。 首都の美学はさておき、今回の贈り物は、太平洋のデリケートな安全保障情勢を交渉するバイデン氏と岸田氏の地政学的同盟を反映している。 この公式晩餐会は、バイデン氏の最も強力な同盟国の一人を祝うことを目的としている。

政府高官らは記者団との電話会談で、米国への外国からの最も重要な贈り物は、フランスから贈られ1886年に奉納された自由の女神とワシントンにある日本の桜の2つであると指摘した。

タイダル ベイスンは、桜の木が密集するジェファーソン記念碑に隣接する 107 エーカーの人工貯水池です。 政府高官らによると、日本側は建設工事により一部の木が伐採されることを知り、適切な時期に苗木を提供するために名乗り出たという。

岸田氏は「インド太平洋や世界各地で日米同盟の桜のように絆がさらに太く強くなると信じている」と語った。

バイデンは発言の中で、タイダル・ベイスンの南岸に立つ、切り株で節くれだった空洞の老桜の木について言及する機会を逃した。 スタンピーがポトマック川からの洪水で頻繁に溺死する事件は、ソーシャルメディア現象となっている。 この防波堤は、1億3,300万ドルをかけて防潮堤を再建し強化する3か年開発計画の一環として撤去される予定だ。

バイデン氏は、火曜日の夜、首相と岸田裕子夫人とともにホワイトハウスの芝生を散歩し、3本の桜の木を訪れたと語った。 そのうちの1本は昨年女性たちが植えたもので、残りの2本は新たに植えた苗木の一部です。

バイデン氏は「100年以上前に日本が提供した3000本の桜のおかげで、毎年春になるとこの街中に桜が咲く」と述べた。 「この素晴らしい花を見るために、人々が国中や世界中からやって来ます。」

READ  実の弟ブッシュが日本で汚される