10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は大型ボートを使用して自律航行をテストします

日本の造船会社である三菱重工業(MHI)は、大型カーボートを使用した世界初の完全自律航法のデモンストレーションを終了すると発表しました。

テストは今週、日本財団が支援する完全自律型船舶の開発を促進するプロジェクトであるMEGURI 2040を支援して、日本の北九州市の新門司ビーチで行われました。

MHIによると、このテストでは、222メートルのボートで世界初の完全自律型ナビゲーションシステムが実証され、自律型の港の停泊と荷降ろし、方向転換と後進、および最大26ノットの高速航行が示されました。 完全な自律性を備えた他の新技術には、赤外線カメラ、リモートマシン監視システム、高度なサイバーセキュリティシステムを使用して他の船を検出するセンサーが含まれます。

同社によれば、スタッフ不足や事故防止などの問題に対処するための完全自律航法の改善は、より安全で効率的な輸送に向けた重要な一歩です。

日本財団は、2020年2月にMEGURI2040完全自律航行航法プログラムを開始しました。 自律航法システムのフィードバックの試運転の計画は、今月から2022年3月まで行われる予定です。

「これは、長さ200メートル以上、最高運航速度26ノットの大型船の世界初の完全自律航海であり、これが実用化のさらなる発展につながることを願っています」と三井木常務うんの。 日本財団。 「まだまだ解決されていない問題がたくさんあります。今日の結果が、完全自律型船舶の国際ルールを開発するためのガイドとして役立つことを願っています。」

READ  日本に接近するナバルダックは地滑りを引き起こす可能性がある