12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は大きな政策変更でより多くの外国人を受け入れることを目指しています

タイの労働者は、2018年6月6日に昭和村のグリーンリーフファームで働いています。 2018年6月6日に撮影された写真。 ロイター/マルコムフォスター/ファイル写真

東京、11月。 18(ロイター)-移民に長い間閉鎖されてきた国の大きな変化の中で、日本は2022年度から外国人がいくつかのブルーカラーの仕事に無期限に滞在することを許可しようとしていると法務省当局者は述べた。 木曜日。

2019年に施行された法律に基づき、ビザは農業、介護、健康などの分野の「特に熟練労働者」の14のカテゴリーに発行されますが、5年間の滞在で、家族は含まれません。 建設および造船部門。

両社は、いくつかの理由でこれらの制限を引用しました そのような助けを雇うのは気が進まない、そして政府は他のセクターにおけるそれらの制限を緩和しようとした。

改正が発効した場合、そのような労働者(多くはベトナムと中国から)は無期限にビザを更新し、家族を連れて行くことが許可されます。

しかし、政府のトップスポークスマンである松野博康氏は、そのような変更が自動的に永住権を意味するわけではなく、別個の申請プロセスが必要になると強調した。

日本への移民は多民族の関係で長い間禁止されてきましたが、人口の減少と高齢化による深刻な労働力不足により、国境を開放する圧力が高まっています。

シンクタンクの門津敏弘専務理事は、「人口減少が深刻な問題であるため、日本が外国人労働者にとって良い機会と見なされるためには、適切な組織に連絡して彼らを歓迎しなければならない」と述べた。 日本国際交流センターはロイターに語った。

2019年の法律は、5年間で約345,000人の「特定の熟練労働者」を引き付けることを目的としていましたが、政府のデータによると、COVID-19の流行が終結する前の摂取量は月に約3,000人でした。

2020年末までに、日本には172万人の外国人労働者がおり、総人口は1億2580万人で、労働人口の2.5%に過ぎません。

キム・チャンランが書いた宮崎エイミーとゴミア・コントロによる報告。 MichaelPerryによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本中のアーケードは閉鎖を続けていますが、これは悪いニュースです