5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は地域の安定のためスリランカの復興を目指す

日本は地域の安定のためスリランカの復興を目指す

日本の外務大臣は土曜日、スリランカの経済回復はインド太平洋地域の安定にとって戦略的に不可欠であると述べ、コロンボに対し対外債務を速やかに再構築するよう求めた。

上川陽子氏は、コロンボは資金難の国への外国からの融資停止を解除するために、二国間金融機関や国際ソブリン債保有者との合意を確保する必要があると述べた。

双方によると、上川氏はスリランカのアリ・サブリ首相との会談後、ラニル・ウィクラマシンハ大統領と会談し、島の悲惨な経済危機に対処するための島の改革について話し合った。

ウィクラマシンハ氏の事務所は声明で、「この議論には、スリランカの債務再編に関する覚書(MoU)の署名に関する議論も含まれていた」と述べた。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


2022年4月までに460億ドルの対外債務をデフォルトするスリランカ政府は、4月までに外国債権者との取引を完了させることを期待していたが、まだ最終合意には至っていない。

上川氏は記者団に対し、島最大の二国間融資国である中国を含む「すべての債権者と債務再編合意に達する重要性を強調した」と述べた。

同氏は「(債務再編後の)既存の円借款プログラムを速やかに再開することで、スリランカの発展をさらに支援する日本の意向も伝えた」と述べた。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


同氏は、東京はコロンボの経済回復が地域全体にとって重要であると考えていると述べた。 この島は、主要な東西国際航路の途中に位置しています。

同氏は、「インド洋の戦略的位置にあるスリランカの安定と経済成長を回復することは、インド太平洋地域全体の安定と繁栄にとって極めて重要である」と付け加えた。

スリランカは、昨年3月に始まった4年間29億ドルの救済融資を継続するには、すべての公的融資機関と大多数の民間債券保有者から同意を得る必要がある。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


日本の外務省報道官金子真理子氏は、コロンボは汚職撲滅を含むIMF支援によるガバナンス改革を推進することに熱心であると語った。

金子氏は、「スリランカ政府は汚職対策を継続し、政策決定のプロセスをより透明にしなければならない」と述べ、国際通貨基金の救済計画の改革計画を全面的に支持すると付け加えた。

同島で2番目に大きな二国間融資国である日本は、スリランカや地域の他の地域における中国の大規模インフラプロジェクトに懸念を表明している。

広告 – 続行するには下にスクロールしてください


日本政府は、中国の融資プログラムは国際金融基準を満たしていないと述べた。

スリランカは2017年、中国からの巨額融資を滞納した後、南ハンバントタの深海港建設に向けて99年間のリース契約を11億2000万ドルで中国企業に引き渡した。

2022年、スリランカは最も重要な輸入品さえも資金不足となり、食料、燃料、医薬品の慢性的な不足に陥った。

失政と汚職の疑惑に直面し、当時のゴタバヤ・ラージャパクサ大統領は数カ月にわたる抗議活動の後、国外逃亡を余儀なくされ、2022年7月に辞任した。

後継者のウィクラマシンハ氏は、IMF救済に合わせて増税、補助金削減、痛みを伴う経済改革を実施した。

aj/ssy

READ  日本とカンボジアの当局者はミャンマーと協力することに合意した