10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は全国のすべてのバイラル緊急措置を提起することです

日本は、感染が減速し続け、国が経済を再活性化しようとしているため、今週末に期限が切れるときに、すべてのコロナウイルス緊急措置を削除する予定です。

コロナウイルスの運用を担当する当局者は火曜日の会議で専門家に助言を求めたが、一部の専門家は当初、管理をいくらか緩和したいと考えていた。 アウンサンスーチー首相は火曜日以降、緊急事態の撤廃とその後の計画を発表する予定です。

すべての対策を講じれば、日本は4月以来初めて緊急事態が発生しなくなります。 政府当局者は、予防接種パスポートやウイルス検査などの他のプログラムを確立することにより、緩い管理の準備をしています。

27州すべての緊急措置およびその他の措置は、9月末に失効します。 一部の専門家は、感染がすぐに再発しないようにするために、19の地域の緊急事態を最初に緩和し、政府がこの戦略を検討していることを望んでいます。

緊急事態は主に、レストランや酒屋を短期間開いたままにし、アルコールを提供しないように要求するという形で行われます。 大阪、兵子、京都の知事は、ウイルスレベルを注意深く監視しながら、これらの要求を念頭に置くことを計画していると述べた。

日本は、次のエピデミックの波を防ぐ必要性のバランスを取りながら、社会的および経済的活動を拡大することに熱心です。 現政権は、与党が今週末の代替案としてスカを選択して以来、2か月間の議会選挙に向けて効果的なアンチウイルス戦術を維持するよう圧力をかけられている。

田村憲久保健相は、寒さが復活の懸念を引き起こしているため、安全を確保するよう人々に警告した。

彼は、現在時期尚早に閉店しているレストランや他の事業は徐々に通常の時間に戻るべきであり、当局は次の流行に備えるために医療制度を強化すべきであると述べた。

4月に発表された日本の5番目の非常事態は、繰り返し延長され、延長されており、昨年の発生が始まって以来最長となっています。 手術に対する一般的な疲労と欲求不満にもかかわらず、日本は他の場所で課せられたより制限的なロックを回避することができ、Covit-19による約169万人の感染と17,500人の死亡を記録しました。

発生はオリンピック後の7月に始まり、8月中旬にピークに達し、東京だけで5,000件以上、全国で25,000件以上発生しました。 病院のベッドを見つけることができなかった何千人もの患者は、病気を家に残さなければなりませんでした。

オリンピックと政府当局者はゲームを直接否定しているが、専門家は、お祭りの環境が人々を社会的に活発にし、間接的に責任があると述べた。

スーチー氏は、政府のバイラル対策と国民の反対を無視して、大流行の際にオリンピックの開催を主張したとして批判を受けた後、党首兼首相を辞任することを決定した。

毎日報告される症例は、全国で約2,000に減少しました。これは、8月中旬のピークの10分の1未満です。 専門家によると、ワクチンの進歩に伴い、その数は減少しており、人口の56%が完全にワクチン接種されており、医療システムの衰退に慌てている人々は、社会的距離の取り組みを増やしています。

河野太郎ワクチン相は最近、日本も今年末までに暫定職員と来年初めに高齢者のためにブースターを管理する準備をしていると述べた。

READ  オリンピック-柔道新井女子-70kgが金メダルを獲得し、日本のメダルをしっかりと保持