5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は中日間の4つの政治文書の原則の遵守を主張=新華社

日本は中日間の4つの政治文書の原則の遵守を主張=新華社

北京、5月10日(新華社通信)-中国は日本に対し、中日間の4つの政治文書の原則と精神を遵守し、「一つの中国」政策に向けて確固たる措置を講じ、勇気と支持を控えるよう強く求める。 中国外務省報道官は金曜日、いかなる形であれ分離主義勢力からの「台湾の独立」を宣言した。

「駐日台湾代表」と呼ばれる日本の国会議員37名が、5月20日の「総統次期就任式」に出席する予定であると伝えられている。

林建報道官は毎日の記者会見で関連質問に答え、「世界には中国は一つだけだ」と述べ、台湾は中国領土の不可侵の一部であり、中華人民共和国政府は唯一の合法的な領土であると付け加えた。 1つ。 中国全土を代表する政府。

林氏は、台湾は決して国ではなく、「台湾総統」などというものは存在せず、台湾問題は完全に中国の内政問題であると述べた。

日本は日中共同声明で「日本政府は中華人民共和国政府を中国の唯一の合法的政府と認める。中華人民共和国政府は台湾が不可侵の領土であることを繰り返し表明する」と明確に約束した。日本政府は中華人民共和国のこの立場を十分に理解し、尊重しており、ポツダム宣言第8条に基づく立場を堅持する」と林氏は述べた。

林氏は、ポツダム宣言の第8条はカイロ宣言の規定が履行されることを明らかにしており、ポツダム宣言の主な内容は日本が中国から盗んだ領土を中国に返還することにあると述べた。

日本は台湾問題に関して中国に対し、「二つの中国」「一つの中国、一つの台湾」「台湾独立」を支持しないこと、人と人、領土と領土のみを維持することなど、真剣な約束を何度も行ってきた。関係。 台湾との交流もある、と林氏は付け加えた。

「これが歴史の中で起こったことであり、これが日本が守るべき立場と原則だ」と述べた。

中国は日本に対し、台湾海峡の平和と安定を維持するよう強く求める。

林氏は「台湾の民進党幹部に対するわれわれのメッセージは、外部勢力による『台湾独立』の挑発は成功しないだろう。国の国益を売り渡す者は歴史の責任を問われるだろう」と述べた。

READ  日本の裁判所は北朝鮮の再定住計画をめぐる訴訟を却下日本