2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は中央アジアの国々を説得するための「狂った競争」に参加する。 首脳会談は2024年に中国とロシアの間で開催される予定だった

日本は中央アジアの国々を説得するための「狂った競争」に参加する。 首脳会談は2024年に中国とロシアの間で開催される予定だった



世界の大国は、さまざまな理由から中央アジア共和国 (CAR) の友好のために奮闘しています。 その地理的中心性、巨大かつ未開発の炭化水素資源、鉱物資源が重要な要素です。

特に中央アジア社会が中世から現代の生活様式に移行するソ連時代に残るロシアの影響は、世界大国がこの地域での足場を固める魅力となった。 1991 年のソ連崩壊後も、この地域はロシア連邦との深いつながりが残りました。

中央アフリカ諸国との3,300キロメートルの国境を有する中国は、債務に基づく開発計画を掲げてこの地域に参入した最初の国となった。 米国、サウジアラビア、パキスタン、その他のいくつかの国は、ソ連崩壊によって生じた空白を埋める可能性を探るため、公式代表の派遣を開始した。

非常に驚いたことに、彼らはソ連とロシアの影響が深く根付いていることを発見した。 ソ連の覇権下にある中央アジア諸国は王権と創造的な政治的ビジョンを失った国家にすぎないという彼らの信念は、新しい地域の社会と歴史に対する彼らの無知を証明した。

中国によるカザフスタンの炭化水素とガス鉱床の探査と開発は、同国との緊密かつ友好的な関係にとって大きな魅力となった。 同時に、これは他国が自動車誘致において中国に追いつくきっかけとなった。

最近、トルコとフランス両国は、2つの異なる理由から中央アジア地域を優先事項に据えている。 トルコは中央アジアの3つの共和国、すなわちカザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンを、同民族かつ部分的に共言語の同胞団であるとみなしている。 タジキスタンは、古代イランのゾロアスター文明に深いルーツを持つアーリア人亜地域のカテゴリーに分類されます。

中央アジア東部のキルギス人は混血であり、中世のキリスト教宣教師が足跡を残しています。 政府の推計によれば、人口の約7パーセントがキリスト教徒で、そのうち40パーセントがロシア正教である。

ユダヤ人、仏教徒​​、バハイ教徒、および無所属のグループを合わせると、人口の約 3 パーセントを占めます。 否定的な宗教感情の悪用に対する政府の厳格な管理のため、アメリカ人はキルギスでの影響力を徐々に強めることに多少の問題はないと考えた。

日本に入国

日本は中央アジアで新たな役割を果たしている。 中央アジアとの関係には歴史があるが、東京は中央アジア地域との多国間関係の拡大に新たな関心を示している。

岸田文雄首相は2024年に中央アジアを訪問し、キルギス、ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン、トルクメニスタンのC5諸国の首脳との初回首脳会談を行う予定である。

日経アジアのコラムニスト根本亮氏の11月21日の記事の中で、キルギスのサディル・ジャパロフ大統領は、日本の指導者が来年計画している中央アジア訪問に先立ち、11月2日に東京を訪問したと述べた。

日本の首相は共同記者会見で「人材育成、インフラ支援、人的交流、装飾など持続可能な開発に向けた協力を強化する」と述べた。

キルギスの大統領は、同国は中央アジアの国が中国とロシアへの依存を減らすのを支援しようとしていると述べた。 ジャバロ大統領の初来日となる。

ジャバロフ氏は日本を友好国であり、民主主義、政治貿易、経済協力の発展においてキルギスと同様の見解を共有する緊密なパートナーであると述べた。 キルギスは山岳資源が豊富な国で、経済と安全保障をロシアと中国に大きく依存している。

興味深いことに、この記事の冒頭で言及したコラムニストは、「日本は中国やロシアへの依存を避けるためにキルギスに期待している」という不可解な言葉で記事のタイトルを付けている。

依存

モスクワはキルギスに軍事駐留を維持している。 ロシアの出稼ぎ労働者からの送金はキルギスのGDPの約30%を占めている。 国際社会が提供するあらゆる財政援助に対し、キルギスは直接、そしてカザフスタンを通じてロシアに経済的に依存している。

最近、キルギスだけでなく、ほぼすべての中央アジア諸国がロシアのウクライナ侵攻に注目を集めている。 安全保障をモスクワに依存することへの懸念がさらに深まった。

中国はキルギスの最大の貿易相手国であり、キルギスの公的債務の40%以上を占めている。 キルギスを含む発展途上国は、借り入れ国が融資を滞納した場合に中国政府がインフラの権利を引き継ぐ「債務の罠」への警戒を強めている。

キルギス共和国へのFDIのほぼ半分(49%)は中国からのもので、最も重要な投資家はロシア連邦(16%)、カザフスタン(8%)、ドイツ(5%)、英国(5%)である。 。

岸田文雄
岸田文雄首相

日本の利益

共同記者会見で、両首脳は意見を述べられる分野について詳細に概説した。 それにもかかわらず、日本はキルギスを1991年の独立宣言後、制度を民主化し市場経済を導入する政策を採用した最初の中央アジアの国として称賛した。

日本が中央アジアに足跡を残すもう一つの要因は、C-5とロシア、中国、米国、ドイツ、欧州連合、湾岸協力会議との間で提案されている首脳レベルの対話である。 日本は、世界の政治化学において中央アジアの政治化学において適切な位置を占めている。

結論

岸田首相が2024年に首脳会談のため中央アジアを訪問する際、議題にはロシアを横断するカスピ海通過ルートの建設や、脱炭素化を促進するための再生可能エネルギーの導入支援などが含まれると情報筋はみている。

日本政府はまた、キルギス人が「特定技能」ビザを利用して日本で働く機会を増やすことも計画している。 国際協力機構が国内で「一村一品」プログラムを拡大していると日経アジアスタッフが明らかにした。このプログラムは女性の社会進出を促進し、地元の特産品を生産・販売することで人々の貧困からの脱出を支援するものだ。

READ  My Daiken が訪日旅行者向けのカルチャー ウェルカム サービスを開始