12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は中国の不足を補うために裕福な欧米人観光客を求めている

日本の旅行代理店協会の会長は、中国からの観光客の不在が続いている中で、同国の観光部門のパンデミック後の回復は、西側諸国の旅行者の消費習慣に合わせて再編できるかどうかにかかっていると警告した.

円が対ドルで急落する中、日本旅行業協会の高橋博之会長はフィナンシャル・タイムズに対し、業界はこの状況を利用して「贅沢な観光商品を改良し、裕福な旅行者に販売する」べきだと語った。

今週発表されたデータは 日本 Covid関連のすべての旅行制限が解除された後、先月は498,600人の外国人訪問者を受け入れました。これは、9月に訪問した206,500人の2倍以上です。 それでも、インバウンド観光客の数は、3,180 万人が日本を訪れた 2019 年 10 月から 80% も減少しています。

日本政府観光局によると、10 月の旅行者の 4 人に 1 人が韓国から、11% が米国から、2% がオーストラリア、フランス、英国から来ました。

しかし、旅行に課せられた厳しい制限により、観光業界は動揺しています。 中国政府、パンデミック前の年間外国人訪問者の 30% を占めていました。 日本は彼らに対応するために多額の投資を行い、北京語に堪能なスタッフを雇用し、デパートやドラッグストアのフロア全体を中国人観光客専用にしました。

その損失を補うために、日本のいくつかの地方都市は、米国、ヨーロッパ、およびオーストラリアからの訪問者を引き付けるために、アウトドア活動に重点を置いた新しい目的地を開発しています. たとえば、日本の南の島である九州では、来年 10 月に自転車レース、ツール・ド・九州、ツール・ド・フランスが開催されます。

高橋氏によると、裕福な観光客には 2 つのタイプがあります。高級ショッピングや高級レストランが好きな人と、より体験型の休暇を重視する人です。 彼は、日本の山での冒険旅行などの商品の増加を予測しています。

彼は、先月岸田文夫首相が発表した年間5兆円(340億ドル)の外国人観光客支出目標を達成することは、中国からの観光客なしでは困難であることを認めた. 2019年。

業界が直面するもう 1 つの課題は、 深刻な人手不足 多くの旅行代理店、輸送サービス、ホテル、レストランがパンデミック中にスタッフを削減した後。

十分なサービススタッフとドライバーが不足しているため、ホテルやバス会社は、部屋やバスが空いているにもかかわらず、完全な予約を得ることができません。 . . 「各企業は真剣なリストラを経験した」と高橋氏は語った。

Covidの前でさえ、業界は低賃金と高い離職率で悪名高い. 厚労省によると、2019 年のホテル業界の平均月収は 266,300 円 (1,896 ドル) で、全業界の平均より 21% 低い。

総務省によると、この部門の従業員の 30% は 60 歳以上であり、数年後に定年退職した後、さらに深刻な人手不足を示唆しています。

また、業界は最近の食費や電気代の高騰に対処する必要があり、顧客はコストの転嫁に抵抗しています。 「だからこそ、ハイエンドの顧客に対応し、利益を上げる必要があるのです」と高橋氏は語った。

READ  参照:Contrailは息を呑むようなジャパンカップの勝利でレースのキャリアを終えます| 競馬ニュース