5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は世界一のロボットメーカーであり、国際ロボティクスレポート協会です。

フランクフルト、ドイツ、東京、2022年3月10日-(ビジネスワイヤ)-日本は世界一の産業用ロボットメーカーであり、世界の流通の45%を供給しています。 近年、同国のロボットサプライヤーは生産能力を大幅に増強しました。2020年までに136,069台の産業用ロボットが出荷されたとき、その輸出率は78%に増加しました。 これらは、2022年3月9日から12日まで東京で開催される国際ロボット展(iREX)に先立ち、国際ロボット連盟(IFR)が発表した結果です。

「日本の産業用ロボットの輸出は、過去5年間で平均して年平均成長率6%でした」と、国際ロボット連盟(IFR)のミルトンゲレロ会長は述べています。 「同時に、ロボットの輸入は常に非常に少ない。2020年までに、日本の設備のわずか2%が輸入された。国内の日本のロボット市場は、中国に次ぐ世界第2位である。」

中国での日本の勝利

ロボット工学と自動化技術の日本の輸出の36%は中国に課されています。 他の国際的なロボットサプライヤーと同様に、日本のメーカーも中国の工場から直接中国市場にサービスを提供しています。 産業用ロボットの世界最大の市場であるこれらの工場は、国際的なサプライチェーンが政府の19の流行によって混乱した2020年に大きな利益をもたらすことが証明されました。 日本のサプライヤーは、2020年の第2四半期に始まり、今年の後半に加速した中国の危機後のブームを最大限に活用することができました。

Covit-19は感染から回復します

22%の市場シェアを持つ米国は、ロボット工学と自動化技術の日本の輸出のもう1つの最大の市場です。 米国と中国の両国は、Kovit-19の流行からさらに回復すると予想されています。 国内市場に加えて、主要な輸出先は日本のロボットの需要を保護します。

「日常のロボット」-iREX東京

「今年の東京でのiREX展示会は、ロボットに優しいコミュニティへの道に焦点を当てます。IREXロボットは、私たちの日常生活をどのように形作るかを紹介します」と国際ロボット連盟の事務局長であるスザンヌ・ピラー博士は述べています。

ダウンロード 「DailyLiveRobots」の論文では、次のようになっています。 国際ロボット連盟(ifr.org)

iREX東京ビッグサイド、イーストホール-2022年3月9日〜12日
https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/english/

IFRについて: www.ifr.org

IFRに従ってください LinkedInツイッターウェブライト

businesswire.comで元のバージョンを参照してください。 https://www.businesswire.com/news/home/20220310005666/en/

連絡先

プレスコンタクト
econNEWSネットワーク
カルステン相続人
+49(0)40 822 44284
@ ifr.orgを押します

READ  今着られる7つの日本食レストランチェーン