5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は世界の電池市場の20%のシェアを目標としています

政治


東京、4月22日(新華)-日本は2030年までに充電式リチウムイオン電池の世界市場の20%を獲得することを目指している、と産業省は金曜日に言った。

同省は、日本企業の世界のリチウムイオン電池容量を2030年までに約10倍の600ギガワット時間に拡大することを目指しています。

この計画は、バッテリー生産を増やすという国の戦略の中間報告に含まれています。 同省は今年の夏に戦略を完成させ、必要な財政支援を検討する予定です。

二次電池は、電気自動車の走行や再生可能エネルギーによる電力の貯蔵に使用されており、炭素削減に重要であると考えられています。

日本は2015年に自動車用リチウムイオン電池の最大のメーカーであり、世界市場シェアは40%でした。 しかし、そのシェアは2020年までに中国と韓国に先駆けて20%に低下するでしょう。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  女子アジアカップ:日本がスター選手の岩渕真奈なしで開幕戦を戦う