12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は世界のデジタル競争力で29位

スイスの企業によると、日本は 2022 年の世界のデジタル競争力で世界 63 か国中最下位となり、1 年前の 1 位から 29 位に落ちました。

国際経営開発研究所の年次報告書によると、デンマークが前年より 3 つ順位を上げて初めてトップの座を獲得し、米国、スウェーデンがそれに続いた。

2021年5月13日に撮影された写真は、東京のJR新宿駅の東口と西口を結ぶ線路に新しく設置された大型の視聴覚LEDディスプレイを示しています. (京都)

同社が 2017 年に開始した調査では、知識、技術、将来の準備に焦点を当てた 54 の要因を分析して、国のデジタル競争力を判断します。

日本はアジア諸国に遅れをとっており、シンガポールは昨年の 5 位から 4 位にランクされ、韓国は 4 位上昇して 8 位になりました。

調査によると、香港は9位、台湾は11位、中国は17位。

日本は、国際的な経験とビジネスのダイナミズムを含む 4 つの基準で 63 位にランクされましたが、学生と教員の比率では 1 位にランクされました。

世界第 3 位の経済大国は、ワイヤレス ブロードバンドを含む 3 つの基準で第 2 位にランクされました。

IMD のグローバル競争力センターのディレクターである Arturo Bris 氏は、次のように述べています。

報告書は、急速に進む人口の高齢化や「新しいタイプの資本主義」など、日本が直面しているいくつかの課題を挙げており、岸田文夫首相は富の分配を強調しています。

READ  ネイマールは日本に勝つためのペナルティで日本を1-0で破った