5月 18, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はワールドカップでスペインとドイツと引き分けます

元日本チャンピオンのスペインとドイツ、そして今年のカタールでのワールドカップに出場するコスタリカまたはニュージーランドは、金曜日の試合の引き分けでグループEに移籍しました。

最新のFIFAランキングで23位にランクされている日本は、7回連続で予選を通過し、ボット3の8チームの1つです。

画面は、2022年4月1日にカタールのドーハにあるドーハエキシビションセンターで開催されたFIFAワールドカップカタール2022の最終抽選で、グループEに参加した日本を示しています。 (ゲッティ/京都)

32チームが参加する2022年ワールドカップの最終版は11月21日に開始される予定で、日本は2日後にドイツに対するキャンペーンを開始します。

2014年の優勝者を獲得した後、現在12位にランクされている日本は、11月27日に、31位のコスタリカとニュージーランドのトップ100にランクインする6月のインターコンチネンタルプレーオフから出場するチームと対戦します。

2010年のトーナメントで優勝し、7位の国であるスペインは、12月1日まで待ちます。

1998年にトーナメントデビューを果たし、グループレベルと最後の16回のノックアウトを交互に行ったサムライブルーにとって、これまでのワールドカップで最も厳しい引き分けでした。 彼らはアジアの他のどのチームよりもノックアウトの段階に達しています。

「スペインとドイツでトーナメントに勝った経験豊富な国でプレーできることを嬉しく思います」と日本のマネージャー、ハジム・モリアスは語り、引き分けが進むにつれて彼のチームは2つのヨーロッパの伝説を持つグループに入るだろうと感じたと付け加えた。 。

「私たちは最後の8つに到達することを目指していますが、世界で最も強い国を打ち負かすまでそこに行くことはできません。私たちはそれをどのように行うことができるかを考えて完全な製品を手に入れます。」

日本の男子サッカーコーチ、ハジム・モリアスは、2022年4月1日にカタールのドーハで開催されたドーハエキシビションセンターでのFIFAワールドカップカタール2022決勝戦の後、混合ゾーンで講演します。 (FIFA /ゲッティ/共同通信)

日本が最後の16に達すると、グループFのベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチアのいずれかに直面します。

日本は開幕戦でアジア予選に出場し、3試合で2敗を喫し、ホームでオマーンとサウジアラビアに敗れたが、カタールで次の6試合に進出した。

4度のチャンピオンであるドイツは2022年に2度目のワールドカップタイトルを失格のイタリアに匹敵し、ブラジルは5年遅れで、4年前にグループステージでの退場を余儀なくされました。

しかし、去年の夏の欧州選手権の第16ラウンドでイングランドに敗れた後、彼らはカタールでのトーナメントの資格を得た最初の国になりました。 。

2010年にタイトルを獲得したスペインは、過去2回のワールドカップで苦戦しているが、元バルセロナのマネージャーであるルイスエンリケの下で前進している、現在の内部告発者のミッドフィールダーであるアンドレスイニエスタの決勝での延長戦の勝者のおかげです。

彼らは昨年の夏に欧州選手権の準決勝に到達し、UEFAネーションズリーグで2位に終わった。 日本は長い間、熟練したスペイン語ゲームをモデル化してきました。

ドイツとスペインの選手は、日本のチームでおなじみの顔を見るでしょう。多くのサムライブルーチームのメンバーが両国のクラブでビジネスを行っています。

エンリケ・京都はニュースに、グループEでプレーして初めてドイツをよく知っていると語り、フリックはドイツのブンデスリーガでプレーしている日本人選手を称賛した。

元ドイツ人ストライカーのオリバー・ピエールホフ(現在代表チームのディレクター)はシュトゥットガルトの守備的MFヴァッターロ・エンドについて話し、元スペインの右翼のマイケル・サルカドはマヨルカのレアル・マドリードから借りたタグフサ・キューボが違いを生む可能性があると語った。

一方、マネージャーのモリアスは、ドーハでデイゴーストを演じる彼の代表チームを追い払うために出てきます。 53歳の元ミッドフィールダーは、1993年にカタールの首都でイラクとの土壇場で引き分けに敗れたチームの一員でした。

「今回はドーハで監督としての目標を達成し、それを 『ドーハの喜び』に変えたい」とモリアスは日本で「ドーハの痛み」として知られている試合を振り返りながら語った。

カナダ、メキシコ、米国が共催する2026ワールドカップは、48か国に拡大されます。

カタールでのFIFAワールドカップの決勝戦は2022年4月1日にドーハで開催されます。 (京都)==京都

READ  この秋から、日本企業は携帯電話のSIMロックを禁止しました