6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はラグビーワールドカップで新型コロナウイルスの遺産を振り払う準備ができている

日本はラグビーワールドカップで新型コロナウイルスの遺産を振り払う準備ができている

ブレイブブロッサムズはアイルランドとスコットランドを破り、4年前に初めて準々決勝に進出した。

しかし、政府がパンデミックによる厳しい渡航制限を課したため、代表チームは20か月間試合を行うことができず、国内リーグは6節終了後に2020年シーズンを中止した。

日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏によると、今年のワールドカップがフランスで開幕すると、グループDでイングランド、アルゼンチン、サモア、チリと対戦する準備ができているという。

2016年から日本代表を指導しているニュージーランド人監督はAFPに対し、「ワールドカップを通じて築き上げた勢いは完全に失われた」と語った。

「モチベーションはチームを構築する際の自信のようなものです。

「あのワールドカップに向けて僕らは大きな自信を得たんですが、その後、翌年の6月まで再びプレーすることはできませんでした。それは大変でした。」

前回のワールドカップ以来、日本は20回のテストを行っているが、これは世界のトップチームのほとんどよりもはるかに少ない。

成績はまちまちで、ジョセフ率いるチームはホームでニュージーランドとフランスを迎え、イングランドとアイルランドに大敗を喫した。

ワールドカップに向けて楽観的な見方が高まっており、元主将のリーチ・マイケル氏は日本が優勝できると信じているとさえ語っている。

2021年のスーパーラグビーでハイランダーズの一員として活躍したルースフォワードの姫野和樹は、日本は2019年よりも「我々の弓にかかる糸が増えた」と語った。

「我々はボールを持って攻撃できるし、昨年からキックゲームを多くしてきたので、それもできる」と彼は語った。

「我々には層が厚く、若い選手もたくさん入ってくる。チームに誰が入っても良いプレーができる。」

質の高いリーグ

日本の国内リーグの知名度の高まりが代表チームの運命を押し上げるのに役立ったと姫野氏は言う。

前回のワールドカップ以来、多くの有名な国際選手と契約が結ばれており、来年にはオールブラックスのボートン・バレット、リッチー・マウンガ、アーティ・ザビアなど、さらに多くの選手が加入する予定だ。

今年クボタスパーズでジャパンラグビーリーグ1のタイトルを獲得したオーストラリア人のフライハーフ、バーナード・フォーリーは、競争が「ますます強くなった」と語った。

東京の国立競技場で4万人以上の観客が見守った5月の決勝戦の後、同氏は「おそらくテストマッチラグビーよりもずっと速いだろう」と語った。

関係者らはリーグを世界一にしたいとしているが、これが日本ラグビー全体の利益になると誰もが信じているわけではない。

東京に本拠を置くチームは、2016年からスーパーラグビーに参戦し、2020年に活動を休止したが、ジョセフ氏は、2019年ワールドカップに向けて日本代表選手を準備させる上で重要な役割を果たしたと語る。

同氏は、日本の国内リーグでは「厳しい試合はほんの数試合しかない」が、「サンウルブズのスーパーラグビーでは毎週数試合しかない」と信じている。

「それは明らかな違いだ。一方は国内トーナメントで優勝するためにチームを準備するのだが、もう一方はワールドカップでプレーするために代表チームの選手を準備するのだ」と彼は語った。

代表チームは今も日本国民に人気があり、昨年東京で行われたオールブラックスとの試合には6万5000人以上の観衆が集まった。

スタジアムやファンゾーンにファンが詰めかけ、何百万人もの人々がテレビで観戦した2019年のフランスと同じような支持は得られないだろう。

しかし姫野はチームが「2019年よりも高いレベルでプレーしている」と信じており、新型コロナウイルスによる混乱を言い訳にすることを拒否している。

「パンデミックは私たちに自分たちのラグビーをより良く見る機会を与えてくれた。その意味では良い面もある」と彼は語った。

「しかし、その時代は終わりました。私たちは目の前にあるものに目を留め、そのことだけを考えなければなりません。」

READ  カナダのフィエラ・キャピタルが日本の会長に就任