10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

England's Georgia Stanway, left, and Germany's Sara Däbritz.

日本はフクシマ後の将来に大きな転換を示したばかりだ

2022 年 8 月 10 日水曜日の記者会見での岸田文夫首相の写真。

ロドリゴ・レイエス・マリン | ブルームバーグ | ブルームバーグ | ゲッティイメージズ

日本の首相は水曜日に、彼の国はより多くの廃止された原子力発電所を再開し、次世代原子炉の開発の実現可能性を検討すると述べた。

前述の岸田文夫のコメント ロイターそしてその 彼が5月に行った観察に基づいてまた、エネルギーの主要輸入国である日本が、世界のエネルギー市場における継続的な不確実性とロシアとウクライナの間の戦争の中で、その選択肢を強化しようとしている時期に来ました。

この動きが完全に実現すれば、この動きは、2011 年の福島原発事故後の日本のエネルギー政策の変化を示すものとなるだろう。

それ以来、日本の原子力発電所のほとんどは稼働していないままですが、態度は変化しているようです。 今月初め、元国際エネルギー機関事務局長は、日本では原子力発電の再開を国民が支持していると述べた。 現在は 60% を超えています。

日本は 2050 年までにカーボン ニュートラルを目標としています。「野心的な見通し」の下で、同国の第 6 次エネルギー戦略計画では、2030 年には再生可能エネルギーが電源構成の 36% から 38% を占め、原子力が 20% から 22% を占めると想定しています。

「原子力に対する国民の信頼を獲得し、安全を確保することが必要であるという大前提に基づいて、原子力の安定利用を推進する」 計画の概要を説明します。

— CNBC の Li Yingshan がこのレポートに寄稿しました

READ  ウクライナ東部の標的に対するロシアの砲兵と空爆