5月 22, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国当局は、ウクライナ近郊のロシア軍ユニットが「攻撃的な立場」に移行したと述べている

日本はビジネスマンや教育者から批判される厳格な国境管理を緩和する

東京東部の成田での新しいコロナウイルス(COVID-19)の大流行の中で、新しいコロナウイルスオミクロンの蔓延を防ぐために、閉鎖された国境の初日に、防護服を着た男性が成田国際空港のバス停に向かいます。 2021年11月30日。(ロイター)キム・ギョンフン

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

東京(ロイター)-日本の岸田文雄首相は木曜日に、日本はエピデミックに取り組むための国境制限を緩和し、豊かな国々によって課され、ビジネスマンや教育者から批判されてきた措置を緩和すると述べた。

人口が減少している高齢化国からの待望の労働者とともに、約15万人の留学生が日本から遠ざかり、労働力不足の警告と国際的な評判の低下につながっています。 続きを読む

岸田文雄氏は記者会見で、3月から当局は許可される人数を現在の3,500人から1日あたり5,000人に増やすと述べた。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

「観光客を除いて、外国人の入国を許可する」と彼は言った。 岸田文雄氏は、対策は徐々に緩和され、他国の感染率を含む多くの状況に依存すると述べた。

強制検疫期間は、状況によっては現在の7日から3日に短縮されると同氏は述べ、場合によっては検疫の必要がなくなると付け加えた。

岸田氏によると、コロナウイルス感染数は減少の兆しを見せており、日本は新たな段階への準備を開始する必要があるということです。

しかし、彼は、約17の地区で実施されている準緊急措置は3月6日まで続くと述べた。

ラーム・エマニュエル米国大使は声明のなかで、公衆衛生を維持しながら日本に来たい留学生に利益をもたらすと述べ、この決定を賞賛した。

2年間非居住者に対して事実上閉鎖されてきた日本は、2021年後半に国境管理を一時的に緩和しましたが、わずか数週間後に海外でのオミクロンの亜種の出現により再び国境管理を強化しました。

日本は現在、82か国を「高リスク」に分類しており、多くの場合、ホテルでの3〜6日を含む1週間の検疫が必要です。 1月中旬まで2週間の検疫が必要でした。

岸田と彼の政府は、オミクロンが世界中に広がり、大多数の国民がそれらを支持している日本のために時間を買うための厳しい国境管理を賞賛しました。

しかし、ブースターショットの実施に苦労している日本では、このジャンルが広まっているため、ビジネスリーダーや一部の政治家は、対策が時代遅れであると警告しています。 続きを読む

政治アナリストの伊藤敦氏は、7月の総選挙に直面する岸田文雄氏にとって、手続きをいつどのように変更するかを決めるのは難しいと述べた。

「今の一般的な状況を見ると、それは意味がありません。どこでもウイルスを捕まえることができます。しかし、彼らの存在の結果として、彼は多くの公的支援を得ました」と彼は言いました。

伊藤氏は、変わらなければ、「長期的な結果として、日本は世界に取り残されるだろう」と付け加えた。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(竹中清とエレイン・ライスによる報告); ジェリー・ドイル、デビッド・ドラン、マーク・ハインリックによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ロシア・ウクライナ戦争:ロシア侵攻の41日目に私たちが知っていること| ウクライナ