2月 1, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はバングラデシュの負担を軽減するために一部のロヒンギャを取り戻す予定です

ダッカ、バングラデシュ

日本は、現在100万人以上の難民を受け入れているバングラデシュの負担を軽減するために、ロヒンギャ難民の一部を受け入れることを検討しています。彼らのほとんどは、2017年に母国ミャンマーを逃れた後、コックスバザール南部の国境地区にある閉所恐怖症のキャンプに住んでいます. .

駐ダッカ伊藤直樹日本大使は、水曜日の国営通信社バングラデシュ サングバッド サングスタ (BSS) とのインタビューで、ロヒンギャを日本に再定住させるという国連の決定を批判した。 彼は、東京の難民団体から要請を受けたと言いました。

この報告は、24 人のロヒンギャ難民がバングラデシュから米国に渡り、第三国に定住した数日後のことです。

「日本はあなたの政府から第三国定住の要請を受けており、UNHCR は私たちにその可能性を検討するよう助言しています」とナオミは BSS に語った。

ワシントンが一部の難民を受け入れることに同意したため、木曜日の早い段階で、バングラデシュが62人のロヒンギャの第三国への第一段階の移送を完了した後、24人のロヒンギャ難民が米国に送られました。

多くのロヒンギャの人々はすでにさまざまな方法でさまざまな国に定住していますが、これは難民を第三国に再定住させるための正式な試みです。

バングラデシュは現在、120 万人以上のロヒンギャを受け入れており、そのほとんどは、2017 年 8 月 25 日にミャンマーのラカイン州で行われた残忍な軍事弾圧から逃れました。

ロヒンギャを平和的かつ威厳ある方法で祖国に返還しようとするバングラデシュ政府の試みは、ミャンマーの軍事政権の非協力により失敗に終わった。

送還プロセスに関する不確実性の中で、バングラデシュは先進国にロヒンギャの負担を分担するよう要請した。

クトゥパロンで学んだ若いロヒンギャのモハンマド・ジアウル・ラーマンは、「帰国の不確実性は私たちを苛立たせますが、第三国、特に先進国に私たちを再定住させる努力は私たちにとって朗報であり、尊厳のある生存への希望を持ち続けています」と語った.キャンプ。 コックスバザーで、彼はアナドルエージェンシーに語った。


アナドル エージェンシーの Web サイトには、AA ニュース放送システム (HAS) の加入者に配信されるニュースの一部のみが含まれており、省略された形式になっています。 サブスクリプション オプションについては、お問い合わせください。

READ  新鮮な「ウェット」ポテトチップスは、日本のスナック業界に革命をもたらしています