12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はバスを移動式サウナに変え、主要な公共交通機関を復活させています

日本のバス会社は、その車両の1つを移動式サウナに改造しました。

以前は信義市のネットワークの一部として兵庫県のひまじ市に運行していたバスは、コロナウイルスの発生時に公共交通機関の利用が大幅に減少したため、交換されました。

観光客の到着が非常に少ない通勤者の数の減少により、市内の多くのバスがアイドル状態になっています。

しかし、新木市ネットワークの子会社であるリバスは、日本語で「再生」と「再バス」の交差点のように聞こえ、これらの放置された車両の1つが予期せぬ変化を伴って新しい生活を送っています。

サウナとバスの組み合わせであるSabusとして知られるこの車輪付きの医療施設は、木製のパネルと木製のベンチで飾られています。

元の機能のいくつかは楽しく保たれています。たとえば、古い停止ボタンを押すと、より多くの蒸気を放出できます。

2022年2月に予定されているお祭りやイベントの停止により、この冬にSabasをツアーに連れて行くというアイデアがあります。

移動式シャワーやトイレなど、改造されたバスの他の設計もパイプラインにあります。

日本の航空会社は、不思議なフライトを開始することで、旅行の楽しみの一部を再開するという決定に従いました。

日本の空母 ビーチアビエーションは未知の目的地へのフライトを保管しています ガチャポン、おもちゃの彫像、手指消毒剤、認定真珠など、さまざまな珍しいアイテムを収納するカントリーカプセル自動販売機。

ミステリーフライトはすべて、東京の成田空港を出発する日本の国内線向けで、カプセルの価格はわずか5,000円です(32)。

カプセルを購入するまで、乗客はどこに行くのかわかりません。カプセルでは、特定の目的地への旅行にのみ使用できる6,000円相当のマイレージコードを受け取ります。

READ  バドミントン:日本の桃田が自動車事故で初優勝