12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はデンマークオープンの最終日に3つのタイトルを集めます。 No.1桃田健人が足りない

日本は、東京オリンピック後の最初のBWFワールドラウンドであるデンマークオープンの最終日である日曜日にシングルス1回、ダブルス2回のタイトルを獲得しましたが、スーパースターの桃田健人のパーティーには参加できませんでした。

第2シードの山口茜は、オーデンセスポーツパークでの第5シードの韓国人対戦相手アン・セヨンによって、女子シングルスタイトルの第3試合で引退を余儀なくされた。 2016年トーナメントのシングルスチャンピオンである山口は18-21、25-23、16-5で優勝しました。

「どのレベルでもトーナメントで優勝できてうれしい」と山口はスーパー1000大会について語った。 「最後に優勝してからしばらく経ちましたので、とても満足しています。」

これは2020年1月のタイマスターズ以来の彼の最初の世界タイトルになります。

男子ダブルスでは、保木卓朗と小林裕子のシードされていない日本のペアが、8シードのキム・アストラフとアンダース・スクループ・ラスムッセンを21-18、21-12で驚かせた。

東京オリンピックの銅メダリスト、渡辺ユタと東野有座がミックスダブルスで3度目の金メダルを獲得し、タイのデカポール・ブラヌクロとサブシリ・セラトナチャイを21-18、21-9で下した。

男子シングルスでは、デンマークのオリンピック金メダリストであるビクターアクセルソンが、地元のヒーローが20-22、21-18、21-12で勝利し、世界一の桃田を破りました。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本の奇妙に穏やかなインフレ率