6月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はチリがくすぶっているトゥールーズに熱気をもたらす準備をしている

日本はチリがくすぶっているトゥールーズに熱気をもたらす準備をしている

注目のメンバーの中で26歳以下は24歳のフランカー下川寛司ただ1人で、7人が30歳以上である。

ジョセフ氏は日本ラグビー協会のウェブサイトで「我々は試合に出て、良いスタートを切るつもりだ」と語った。

「チリはワールドカップに初めて出場しましたが、それは彼らのワールドカップ決勝であり、対戦したすべての選手をターゲットにし、良いプレーをすることで私たちにプレッシャーをかけました。

「彼らは最初の20分間でプレッシャーをかけてくるだろう。だから我々はそうならないように集中するつもりだ」

フランカーのリーチ・マイケルがワールドカップ初出場、プロップの稲垣啓太が代表通算50回目の出場となる。

試合はトゥールーズで午後にキックオフされ、気温は30度半ばになると予想されている。

「暑くなるだろうが、ここ6、7試合は同じで、選手たちは暑さに慣れている」 ジョセフ氏は、暑い気候は日本にとって特に課題であると語った。

「ヒートでは滑りやすいボールになるし、我々のプレー方法や、他のチームの2倍というパスの数が我々の才能に大きなプレッシャーを与えている。」

バックフィールドを率いるのは、前回のワールドカップデビュー戦で5トライを記録したウィンガー松島幸太朗だ。

ロック・ジャック・コーネルソンがワールドカップ初出場。 父グレッグは1974年から1982年にかけてオーストラリア代表として25回のテストに出場し、その中には1975年の日本戦も含まれていた。

日本は日曜日、ボルドーで開催されるラグビーワールドカップ プールDでチリと対戦する(キックオフ:グリニッジ標準時11時):

チーム (15-1):

セミシ・マシレワ。 松島幸太朗、ディラン・ライリー、中村良土、ジョアン・ニャカブラ。 松田力也、流豊。 姫野和樹(キャプテン)、下川寛司、リーチ・マイケル。 アマト・ファガダワ。 ジャック・コーネルソン、グ・ジウォン、坂手淳史、稲垣啓太

サブ:堀翔大、クレイグ・ミラー、アザリ・イ・バリュ、ワーナー・ディアンズ、福井翔太、斉藤奈都、長田智樹、ロマーノ・レマキ

コーチ: ジェイミー・ジョセフ (NZL)

READ  BYD、急成長中の日本のEV市場でテスラと戦う