5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はウクライナの侵略よりもロシアの「最も有利な地位」の地位を取り戻す

ロシアのウクライナとの交渉の立場は「非常に現実的」になりつつある、とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は水曜日に述べた。

テレビのニュース記事で、ゼレンスキーは自国が「戦い続ける」必要性を強調したが、会談で非常に前向きなメモを打った。

「会議は進行中であり、状況は非常に現実的に聞こえます」と彼は言いました。

ゼレンスキー氏は、「いかなる戦争も合意に基づいて終結しなければならない」と語り、交渉を続けることの重要性を強調したが、「ウクライナの利益に役立つ結果を達成するにはもっと時間が必要だ」と述べた。

ウクライナの代表団によると、両国間の協議は火曜日の夜に終了した後、水曜日に再開されます。

しかし、ロシアの交渉チームのウラジミール・メジンスキー議長は、ウクライナとの交渉における国の目的は、双方の間の交渉の開始以来変わっていないと述べた。

大統領補佐官のメジンスキーは水曜日に国営メディアのRIAノーボスチを引用し、モスクワはウクライナが「平和で、自由で、独立し、中立であること」を望んでいると述べた。

「これらの会談でのロシアの目標は、特別軍事作戦の開始時に設定されたロシアの目標と同じである」と彼は言った。

「私たちは、平和で、自由で、独立した、中立的なウクライナを望んでいます。軍事キャンプのメンバーでも、NATOのメンバーでもありません。」

メジンスキーは、ロシアとウクライナの交渉は進行中であったが、「厳しい」そして「遅い」と付け加えた。

「もちろん、私たちはこれがすべて非常に速く起こることを望んでいます。これはロシア側の本当の願いです。私たちはできるだけ早く平和になりたいです」と彼は言いました。

READ  日本は、牛丼で処女を性的暴行したとして食物連鎖の責任者を解雇した。