2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はインドを有望な投資先とみなしている

日本はインドを有望な投資先とみなしている

新しい調査によると、日本企業は2年連続でインドが海外投資に最適な場所であると考えていることが判明した。 この調査はまた、中国が前回の調査から3位に後退したことも示している。

この調査は国営国際協力銀行によって実施された。

企業に対し、今後3年間の有望な投資先としてどの国や地域が見込まれるかを尋ねた。 48.6%がインドを選択した。

JBICは毎年、海外に進出する日系製造業を対象とした調査を実施しています。 今年は534社から回答を得た。

JPIC戦略調査部長の川上直氏は「インドはインフラ整備を強力に推進しており、人口も増え続けている。内需拡大の余地はまだある。日本企業はそうした点について非常に楽観的だ」と語る。

2位はベトナムで30.1%だった。 中国の数字は28.4%だ。 これは1992年の調査開始以来最低だ。

中国と米国の間の摩擦が高まる中、多くの企業が経済安全保障に懸念を表明した。 彼らはまた、同国の経済減速にも言及している。

READ  日本監視グループがSMBCニコに対して起訴