9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はアメリカスモモと呼んでいます

NSカリフォルニアの梅産業は、アジアでの市場アクセスを拡大しています。

からの報告によると 今日のカリフォルニアAGUSDAは、Govt-19の流行に関する詳細な交渉がやや遅れた後、日本がカリフォルニアのプラムへのアクセスを許可したと発表しました。

カリフォルニアフレッシュフルーツ協会(CFFA)はこのニュースを歓迎し、USDA動物植物健康研究サービスと農業研究サービスおよびフレズノ郡とスラー郡農業委員会事務所を含むプロセスに関係する人々に感謝しました。

CFFAのIanLemme社長は、アクセスには厳格なパッケージングと燻蒸プロトコルが必要であると述べましたが、業界は、一部の輸出業者がアムリトサルに行ったのと同じように、これらを順守する能力に自信を持っていました。

「貿易制限は業界の健康と信頼を脅かしている。日本の消費者はプレミアムフルーツを高く評価し、カリフォルニアフルーツの高品質を認めているため、これはカリフォルニアプラムにとって重要な機会を表している」とラメ氏は述べた。

「世界経済がGovt-19の流行から回復するにつれ、市場へのアクセスを拡大することは、業界の成功にとって引き続き重要です。」

READ  2020年東京オリンピックの野球の得点:米国が韓国を破ってメキシコを上回る