12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はアジアの資格のあるチームリーダーに近づいています

日本はアジアワールドカップ予選でサウジアラビアとオーストラリアの2チームで終了し、木曜日にベトナムを1-0で下し、グループBの2つの主要チームは0-0で引き分けました。

サウジアラビアが13ポイント、オーストラリアが10ポイント、日本が9ポイントでリードしています。

6人の2つのチームのそれぞれの上位2人のフィニッシャーだけが、カタールでの来年のワールドカップの資格を自動的に獲得します。

1998年からすべてのワールドカップに出場している日本は、イド・ジュンヤが開幕ゴールを決めましたが、今回は逃す危険があります。

オーストラリアは2年ぶりに本拠地でプレーし、11回連続予選を勝ち取りましたが、過去2試合からわずか1ポイントを失いました。

オーストラリアのグラハム・アーノルド監督は、「全体的には上手くプレーし、チャンスを作ったが、うまくいかなかった」と語った。 「それから、サウジが時間と戦術を浪費することに少し不満がありました。 彼らがチャンスをもたらしたので、私たちはそれをより良くすることを学ぶ必要があります。

結果は、オーストラリアの土壌で最初のポイントを獲得したサウジアラビアにとってより良いものでした。

火曜日にサウジアラビアとベトナムと対戦し、オーストラリアはアラブ首長国連邦で中国と対戦し、日本はオマーンを訪問します。

グループAでは、韓国は引き続き第10回ワールドカップに出場し、アラブ首長国連邦を1-0で下します。

イギリスのウォルヴァーハンプトンワンダラーズでプレーする黄喜燦は、前半後半にペナルティチャンスを変えた。

韓国のパウロ・ペント監督は、「オールラウンドで素晴らしいパフォーマンスだった。もっとチャンスをつかむべきだったが、3ポイントに値するものだったので、次の試合を楽しみにしている」と語った。

韓国は、レバノンを2-1で下し、負傷時間で2得点を挙げたイランに次ぐグループ2位。

サルダール・アスモンは負傷時にイランに同点に追いつき、アハメド・ヌロラヒは試合の最後のキックで別のゴールを決めた。

グループAでは、イランが13ポイント、韓国が11ポイントです。

___

その他のAPフットボール:https://apnews.com/hub/soccerおよびhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  日本はオリンピックの新たな高みに到達しました