9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、学生をパラリンピックに連れて行く教師のCOVID-19感染を検出します


東京、日本、2021年8月16日コロナウイルス感染症(Govit-19)の発生の中で、女性がオリンピックリングと東京2020パラリンピックのロゴを横切る。

東京(ロイター)-パラリンピックを見るために生徒と一緒に来た2人の教師がコビット-19感染症と診断された後、日本は残りの週、東部のシバ市の学校を閉鎖した、と市当局者は月曜日に言った。

市教育委員会の関係者は、カイスカ中学校の6人の教師のうち2人が日曜日までにこの病気の検査で陽性であり、先週の水曜日に2台のバスで18人の生徒と一緒にゴルパルイベントに出かけたと述べた。

パラリンピックは8月24日から9月5日までほとんど観客なしで開催され、シバや東京の大会都市を含む日本の多くは、病気を制御することを目的として非常事態にあります。

しかし、主催者は市当局に対し、安全対策を講じ、保護者の承認が得られるまで学童がイベントに参加できるようにするよう呼びかけています。

学校の教師の1人が旅行の2日前にインフルエンザにかかったと報告し、その後さらにいくつかの症状が報告され、8月26日日曜日から陽性の検査が行われたと当局者はロイターに語った。

月曜日に市が運営する他の学校と同様に秋に開始する予定だった学校は、週を通して閉鎖されると当局者は付け加えた。

PCRテストは、夏休み中に影響を受けた教師と接触した約120人の生徒と学校の他の教師およびスタッフに対して実施されます。

市は、適切な安全対策を講じたパラリンピックの到着を継続すると述べています。

(Chang-Ron Kimによる報告、Clarence Fernandezによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  Bitcoin Vault(BTCV)とESEがSkillzVault、最高のアマチュアゲーマーを探す「X-Factor」を開催