9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、事件が多いため、政府の緊急事態を2週間延長することを検討している

日本は、現在の状況が計画されている9月に近づくにつれ、東京の20州と日本の47州のうち47州をカバーする政府19の非常事態宣言をさらに2週間延長することを検討している。 水曜日。

一部の地域で新たな感染症が減少しているため、国はコロナウイルス感染症などの医療システムに対する圧力の高まりを制御するのに依然として苦労しています。 情報筋は、政府の政府-19タスクフォースが来週会合して公式の決定を下すと述べた。

伝染性の高いデルタ変異体のため、全国で毎日25,000を超える新しい感染が発生しています。 火曜日の重度の症状のコロナウイルス患者数は2,110人で、19日連続でピークに達した。

加藤勝信官房長官は、水曜日の18から2,092に減少し、記者会見で「将来を見据える必要がある」と警告した。

田村憲久保健相は先週、NHKのテレビ番組で「現状では、計画通りに緊急宣言を完了するのは非常に難しい」と述べ、発表をすぐに削除することはできないと付け加えた。 9月12日に有効期限が切れます。

当局は、宣言が解除されたとしても、再発防止のため非常事態宣言への移行を検討するとしている。

政府は先月、非常事態宣言を8月下旬から9月12日まで引き上げることを決定し、規模をさらに8州に拡大し、合計で21州にした。 これにより、非常事態はさらに4つの州に拡大され、合計で12の州になりました。

READ  地震情報:中程度のMac。 5.7地震-内海、東京の南46 km、山口市シャノン市、2021年7月17日土曜日午後8時50分(GMT +9)