9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、ワクチン接種を受けた乗客の隔離を放棄することに率先して取り組んでいます

日本は、東京から海外への完全にワクチン接種された旅行者でさえ、14日間の隔離の必要性を緩和することに消極的であり、それは世界的な傾向を遅らせ、出張の再開を遅らせる可能性があります。

日本の孤立政策は他の多くの国よりも厳しいです。 海外からのすべての旅行者は、自宅またはホテルで14日間隔離する必要があります。 オーストラリアはまた、一般的に2週間の隔離を義務付けています。

日本への海外訪問の制限は、隔離を扱う保健省によって管理されています。 外務省がビザを発行します。 そして、到着と出発を監視する入国管理サービス会社。

特に保健省はあきらめたくない。

14日間の隔離は、コロナの影響を受けた中国と韓国からの旅行者のために2020年3月に導入され、その後、入国するすべての人に拡大されました。 現在、政府-19の蔓延を防ぐためのワクチンにもかかわらず、省はこの要件を緩和するための条件をまだ検討していません。

隔離されたステーション管理事務所は、ワクチンの状態に基づいて隔離期間を短縮するための「前例はない」と述べた。

外務省の吉田知之報道官は水曜日の記者会見で、7月26日に海外旅行を希望する人々のためのワクチンパスポートの申請を開始することは「海外旅行を再開するための重要なステップ」になるだろうと語った。 政府は国内外の議論を監視しながらこの問題を検討すべきだと彼は述べた。

現在、ワクチンの証拠を持っている旅行者でさえ、日本に入った後も自己隔離状態を維持しなければなりません。

与党自由党の側には強い抵抗があり、単純な参入部門の制限を緩和することに反対している。

佐藤正久外交政策部長は7月上旬、「政府の初歩的な行動により、自民党は挫折している」と述べた。 10月の総選挙に向けて、LTPはエピデミックの拡大につながるリスクがあります。

一方、立憲民主党は、「コロナゼロ」戦略の下で、より厳しいエントリーレベルの措置を推進しています。

米国では、バイデン政権は入国制限を緩和することを計画しています。 制限された国から来たかどうかに関係なく、すべての国内および外国の旅行者のためのワクチンの必要性を調査しています。

READ  オリンピック-ホッケー-スペイン、ニュージーランドは女子トーナメントの準々決勝に進出しました