7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のTrialGP 2日目ではボウが2位、マルセリが4位だった。

日本のTrialGP 2日目ではボウが2位、マルセリが4位だった。

32回の世界チャンピオンであるマルチェリ氏が共同会長を務めている。

日本で開催されたTrialGP世界選手権の2日目は、前日と比べてコンディションが変化した。 雨の不足と気温の上昇により、風景は完全に乾燥した状態になっています。 レプソル・ホンダ・トライアルチームのライダーたちは、コンディションにうまく適応することができた。

第1ラウンドは、トニー・パウにとって序盤から非常に接戦となり、トップを目指して奮闘し、なんとか2位でフィニッシュした。 2周目では結果を改善し、各ゾーンでより一貫性を保つことができました。 彼はレプソル・ホンダ・トライアルチームのライダー、ハイメ・ブストと33ポイントで並び、最終的にはタイムの関係で2位となった。

ガブリエル・マルセリは最初のラップが難しかった。 彼のミスにより彼は表彰台から外れ、6位に留まった。 2周目では回復し、以前失敗していたゾーンを改善することができた。 演壇に上がるべく競い合いながら、アダム・ラガに3ポイント差の4位でフィニッシュした。

ボウはハイメ・ブストとこのシリーズの共同議長を務める。 マルチェリはアダム・ラガと並んで3位。 レプソル・ホンダ・トライアルチームのライダーの次の挑戦は、6月9日金曜日のサンマリノTrialGPです。

READ  日本初のデュアルフューエル水素ボートが完成