11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のSBICEOが「緊急事態」のため記者会見をキャンセル



ファイル写真:2010年6月23日東京の南、横浜にある新世銀行の支店で女性がロゴを渡します。 ロイター/加藤一世

東京(ロイター)-日本のSBIホールディングスは本日、火曜日に予定されている吉田木田尾社長との記者会見を「緊急事態」のために再スケジュールすると発表した。

緊急事態の性質については詳しく説明していません。

オンライン証券会社は先週、新生銀行の公開買付けを終了し、中規模の貸し手の出資比率を約20%から47.77%に引き上げました。

その一方的な入札は当初、少数株主の利益に影響を与える可能性があるとの信瀬政権からの反対に直面した。

しかし、銀行は先月、新西の20%以上を所有する国営預金保険機構からの支援がなかったため、毒薬を保護する計画をキャンセルした。

木田尾さん(70)は、日本の苦戦している地方銀行部門を復活させ、より大きな銀行グループを形成したいと語った。 新西氏の守備姿勢に応えて、同行の経営陣には明確なビジョンや哲学がないと述べた。

(山崎真紀子による報告、キム・チャンロンとクリストファー・クッシングによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アジア
東アジア
横浜

READ  日本のインフレ率は8年ぶりの高水準に達し、日銀の目標を上回った