9月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のKadogawa Corpは、逮捕されたオリンピック幹部のアソシエイトであるKyodoに支払いました

2020年3月30日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020)組織委員会の高橋治之理事が東京2020実行委員会に出席。 REUTERS/Issei Kato/プール/資料写真

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

[東京 9月3日 ロイター] – 2020年東京五輪のスポンサーである日本の出版社、株式会社角川は、五輪関連の贈収賄スキャンダルで逮捕された中心人物に関連する会社、京都通信社に7000万円(50万ドル)を支払った。報告。 土曜日。

東京地検は、元東京2020理事である高橋晴行氏の友人が経営する会社への支払いの目的と、角川からの資金の目的を捜査していると、共同通信は情報に名前を挙げていない人物を引用して述べた. .

78歳の高橋は、パンデミックのために1年延期されたオリンピックをめぐる贈収賄の疑いで逮捕された数人の中にいました. 続きを読む

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

同社と弁護士は、営業時間外にコメントを求めることができませんでした.

東京地方検察庁は以前、事件についてコメントしないと述べていた。

出版社の角川つくひこ社長は先月、記者団に対し、自分の会社が捜査を受けていることは知らなかったと語ったが、共同通信は状況を監視していると述べた.

この支払いは、ファッションコングロマリットであるアオキホールディングスの元社長である青木浩典の逮捕から数週間後に行われます。 (8214.D)贈収賄の疑いで.

2019年4月にカドガワがオリンピックスポンサーに指名された後、同社はいわゆるコンサルタント料を支払った、と共同通信は述べた。

ロイター通信は2020年、東京のオリンピック招致に向けて数百万ドルを支払われた高橋氏が、元オリンピックパワーブローカーのサポートを確保するのに貢献したと報じた. 日本のオークション。

高橋氏は広告大手天津グループの元幹部 (4324.D)彼は当時ロイターに、国際オリンピック委員会のメンバーであるラミン・ディアックからのデジタルカメラやセイコーの時計などの贈り物が彼の仕事に含まれていたと語った.

彼は、受け取ったお金やお金の使い方に何の問題もなかったと言いました。

(1ドル=140.2000円)

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

梶本哲志によるレポート。 編集:ウィリアム・マラード

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  NHK杯:日本、ロシアのフィギュアスケート選手が舞台を支配