10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のJOGMEC、三井物産が西オーストラリアでのCCSの可能性を研究する



写真

東京(ロイター)-国営の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と三井物産は月曜日、西オーストラリアの三井物産資産を使用した炭素回収貯留(CCS)の可能性を模索していると語った。

この動きは、気候変動と戦うために西オーストラリアで燃料としてアンモニアサプライチェーンを構築する努力の一環であると彼らは声明で述べた。

アンモニアは肥料や工業製品に使用されていますが、水素を使用する将来の有用なエネルギー源としても見られています。 燃焼時に二酸化炭素を排出しませんが、化石燃料から排出します。

三井物産オーストラリア(MEPAU)は現在、西オーストラリア州のウィッツィアガスセクターをオペレーターとして開発しており、50%の株式を保有しています。 MEPAUは、Wetsia Gasに隣接する衰退するガスセクターの100%の株式を保有しています。

JOGMECと三井物産は、Vitsiaガス部門で生産される天然ガスから生産される水素から生産されるアンモニアの生産と輸出を検討します。

最初のステップとして、共同研究では、還元ガス田でのCCS性能を調べます。

日本は現在、2030年までにアンモニア燃料の需要を年間ゼロから300万トンに増やし、CO2排出量を削減するための燃料サプライチェーンを構築することを目指しています。

三井物産はまた、オーストラリアのWesformersLtd。の一部門であるWesformersChemicals、Energy&Fertilizers Ltd.と、西オーストラリアに低炭素アンモニア製造プラントを建設することの商業的および技術的実現可能性を共同で調査する契約を締結したと述べた。

(大林組レポート)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
東京
アジア
オーストラリア

READ  日本のSkylarkが非接触食品のロボットウェイターをリリース