1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のJERAがYara、CF Industriesとアンモニア供給MoUを締結

JERA は、2035 年までにすべての石炭火力発電所で 20% のアンモニア混合燃料を使用し、2040 年代までに 100% アンモニアを使用する技術を開発することを計画しており、CO2 排出量の世界的リーダーである日本は 2050 年までにカーボン ニュートラルを目標としています。

MoU の下で、JERA は Yara と個別に CF Industries との間で、日本の Heginon 火力発電所 4 号機での 20% の同時燃焼操作のために、年間 500,000 トンの純粋なアンモニアを購入する可能性を探ることに合意しました。

契約の一環として、JERA と世界最大のアンモニア生産企業である CF Industries は、ルイジアナ州でグリーンフィールドのクリーン アンモニア施設を開発するための CF Industries との株式投資を含む、潜在的な供給オプションを検討します。 この取引は、ルイジアナ州の CF Industries の Donaldsonville キャンパスからのものである、と米国の会社は別途述べた。

Yara と JERA は、年間 100 万トン以上を生産する米国湾岸地域での青色アンモニア生産で協力する計画である、と Yara は火曜日の別の声明で述べた。

東京都は徐々に石炭をアンモニアに置き換え、2050 年までに完全なアンモニア火力発電所を建設することを望んでいるが、2011 年の福島原発事故後、発電を石炭とガスに依存しているため、原子力産業は危機に瀕している。

2021 年、JERA と株式会社 IHI は、中部日本にある JERA のへっきのん石炭火力発電所で CO2 排出量を削減するための実証プロジェクトの一環として、少量のアンモニアを石炭と共に使用し始めました。

(Katya Golubkova による報告、Alexandra Hudson による編集)

READ  ジャクソンホールの前で警告が出て、アジアの株はインチごとに上昇している