7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のGPIFの利回りは年1.5%

日本のGPIFの利回りは年1.5%

東京に拠点を置く世界最大の年金基金である日本の年金積立金管理運用独立行政法人は、3月31日に終了した会計年度で2兆9500億円(222億ドル)、1.5%の運用収益を報告した。

金曜日に発表された運用成績の概要によると、この結果、同ファンドの総資産は前年同期の196兆5900億円から200兆1300億円となった。

国内および世界の株式市場が回復する中、4四半期連続で損失を出した後、第4・四半期の利益率は5.4%となった。 2022会計年度第4四半期には、どの資産クラスもファンドのポートフォリオにプラスのリターンをもたらしましたが、ファンドの国内債券と外国債券の年間リターンはそれぞれ-1.7%、-0.1%でした。

同四半期の国内債券のリターンは2.1%、外国債券のリターンは4.3%だった。

同ファンドの国内株式ポートフォリオのリターンは同四半期で7%、年間で5.5%、海外保有株のリターンは同四半期で8.2%、年間で1.8%となった。

報告書によると、同ファンドは今年度、配分変更を行い、国内債券へのエクスポージャーを3兆0200億円、外国債券へのエクスポージャーを1兆5000億円、国内株式へのエクスポージャーを2兆円、外国株式へのエクスポージャーを1兆9100億円削減した。

3月31日時点のGPIFの資産配分は、国内債券26.8%、国内株式24.5%、外国債券24.4%、外国株式24.3%となっている。

READ  英国のNo.1キャメロン・ノリーは、Covid-19の検査で陽性となった後、ジャパン・オープンからの棄権を余儀なくされました。