11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のCODA、他の12社がマンガとアニメに焦点を当てた著作権侵害対策組織を組織している-ニュース

日経アジアは1月1日、13カ国以上の企業や組織が協力して4月に発足する国際著作権侵害対策機構(IAPO)を設立すると発表した。

新組織の中心は、日本コンテンツ海外流通促進機構(CODA)です。 幸田 含む 日本企業32社など コダンシャーShuishaしょうかくがんアニプレックス加藤川日の出スタジオキプリバンダイナムコアーツポニーキャニオン東映アニメーション、 なおさら。 IAPOにはアメリカ映画協会があります(6) メンバー 含む ソニーピクチャーズNetflix)、そして中国特許協会には約450人の会員がいます。 韓国とベトナムの企業や著作権保護団体も同盟に参加することが期待されている。

IAPOは、マンガやアニメの盗難防止に取り組み、その分野での犯罪捜査、特にいくつかの国で法執行機関の協力を必要とする犯罪捜査で法執行機関を支援します。 CODAディレクターの伊那正治氏はTorrentFreakに、Kodaは昨年同盟の設立を計画していたと語った。

日経アジアによると、2021年1月から10月までの日本の海賊行為業界だけでも約8000億円(69億2000万米ドル)の費用がかかった。 日経アジアは、認可された出版物の総市場規模を6000億ドルと見積もっていると述べた。 年間円(約51.9億米ドル)。

日本が著作権侵害と戦うために他の国の助けを求めた以前の事件では、カリフォルニア地方裁判所は承認を与えました。 Shuisha著作権侵害で他の当事者を見つけて起訴するための証拠を公開するための11月の法的申請。 4つの出版社を含む Shuisha 日本語の海賊版ウェブサイトMangaBankは、その運営者に対して刑事告発を行う準備をしています。

日本の国会は2020年6月に改正著作権法を可決し、違法にアップロードまたは盗まれたマンガ、雑誌、教育作品を故意にダウンロードした者に罰則を科すように法律を拡大しました。 改正法は2021年1月に施行されました。 2020年10月から、この改正により、海賊版メディアを統合するハイパーリンクによって提供される「リーチサイト」も禁止されました。

2018年4月、日本政府が日本のインターネットサービスプロバイダーにマンガムラを含む3つの海賊版マンガウェブサイトへのアクセスをブロックするよう公式に要請した後、日本語のマンガ海賊サイトマンガムラにアクセスできなくなりました。 6月30日、福岡地方裁判所は、重罪の犯罪者のいたずらと犯罪者の収入の隠蔽について、マンガムラのロムニー星野(ジェイク・ロムニー)を有罪としました。

証明: ニッキアジア (いのぶいばさわ)、 TorrentFreak (アンディ・マクスウェル)

hg6623er

READ  日本株は取引終了時に上昇。 Investing.com によると、日経 225 は 0.10% 上昇しました。