2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のCO2排出量は減少傾向に

提案された新しいプロジェクトでは、年間 1,500 万トンの液化 CO が発生する可能性があります。2 海洋炭素回収貯留(CCS)プロジェクトは、日本の業界から引き継がれています。

オーストラリアのディープシー ストアと日本の関西電力 (KEPCO) は、ディープシー ストアが年間 100 万~1000 万トンの液化 CO を回収して輸送するためのサプライ チェーンの構築を検討しています。2 日本の Kepco の発電所から CStor1 までの、deepC Store のフラグシップ オフショア フローティング CCS ハブ プロジェクト。

両社は、提案されたプロジェクトの商業的実現可能性を評価し、Deepsea Store が最大 1,000 万 tpa の液化 CO を回収して輸送するための商業条件を交渉するために、共同探査契約を締結しました。2 日本から CStor1 へ。

日本最大の総合電力会社の 1 つである Kepco と協力して、CO 削減のための国境を越えた CCS サプライ チェーンを構築できることを非常に嬉しく思います。2 排出量」とDeepsea Store社長のJack Satoは述べています。

「この共同研究は、CStore1 をアジア太平洋地域初の洋上浮体式 CCS ハブ プロジェクトとして確立し、CCS ビジネスにおけるオーストラリアと日本の戦略的地位を前進させるという当社の継続的な取り組みを示しています。」

Kepco は、Deepsea Store および Deepsea Store の既存のパートナーである Sear Energy Group (APL の一部)、オーストラリア連邦科学産業研究機構 (CSIRO)、JX 日鉱日石石油およびガス、九州電力、商船三井、大阪ガス、テクニップエナジー、東邦ガスが連携。

記事は以下に続く

2番目の契約が評価されました

一方、新日本製鐵株式会社と Deepsea Store は、100 万から 500 万 dpa の液化 CO を回収して Deepsea Store に輸送する商業的実現可能性を評価するための共同探査契約を締結しました。2 NSC から CStor1 へ。

オフショア CCS ハブ プロジェクトは、オーストラリアおよびアジア太平洋地域の産業発生源から二酸化炭素を回収し、液体二酸化炭素をオーストラリアの浮体式貯留および圧入施設に送り、CO を圧入することを計画しています。2 FSI 施設近くの地表貯蔵施設。

READ  日本からのカスタマイズ可能なワンピースドレスシャツラインはアニメスタイルのボートを提供しています【写真