9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の6Gレースはすでに始まっています

2021年8月27日

8月23日、日本の携帯電話会社SoftBankは、将来の6G発売の計画を発表しました。 ソフトバンクの副社長兼先端技術責任者である萩川亮二氏は、6Gは5Gの100倍の速度が期待され、20Gは「2030年代の技術」になると期待されています。

日本が2020年初頭に5Gの発売を開始したため、この期待は予想外のスタートとして来ています。 2021年第1四半期には、データ加入者間の5G普及率は3%であり、この地域の最も先進国よりも比較的低くなっています。

もちろん、Dataxisによると、この開発により、安全性や輸送や医療などの技術などの新しい技術的および産業的アプリケーションが可能になり、日本の国際競争力が大幅に向上するでしょう。 しかし、実際に危険にさらされているのは、主に中国の競争です。 実際、中国は独自のレースで5Gの驚異的なスタートを切り、現在の普及率は25%を超えており、5G消費者ランキングで世界をリードする国の1つとなっています。 さらに、現在、基地局の40%以上を所有しており、日本のシェアは約5%です。 将来的には、中国は技術の拡大を継続する予定であり、3月に発表された全国人民代表大会の5カ年計画は6G開発への道を開くでしょう。

Datasisは、日本政府と電気通信会社が同じ過ちを繰り返さないようにするための一貫した戦略に賭けていると述べています。 最初にフィンランドと:6月、両国は、産業と教育における6Gに関する一般的な研究を実施するための覚書(MoU)に署名しました。 第二に、米国では、5Gネットワ​​ークは公開に遅れをとっており、通信市場における中国のリーダーシップとセキュリティ上の懸念を共有しています。 昨年4月、6Gの成長のために45億ドルの日米株式投資が発表されました。 彼らの一般的な研究対象:Open Radio Access Network(Open RAN)。これにより、複数のベンダーがリスクを負うことなく同じ基地局を使用できるようになり、複数のパートナーシップと投資コストが大幅に削減されます。 オープンRAN開発は、日本と米国がネットワークを運用するために中国のハードウェアベンダーとヨーロッパまたは韓国の国(より高価)を選択することの終わりを示します。

安全保障と競争力を維持するために、日米は、オーストラリア最大の海底インフラプロジェクトである2019年のパラオ潜水艦プロジェクトを彷彿とさせる、発展途上国での将来の技術進歩を促進することによって主導権を握る予定です。 そして日本。 Tadoxisは、これは他のアジア市場でイノベーションを推進するのに十分な日本の重みを示していると述べています。特に中国の小売市場は日本にとって大きな経済的機会を表しているからです。

READ  ドワイト・ラモスは、アテニオが日本でプレーするという彼の決定を理解したと言います