9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の2022年式トヨタカローラクロスオーバーは少し異なって見えます

メモを見逃した方のために説明すると、トヨタカローラは世界で最も人気のある車であり、長年にわたって多くのボディスタイルを考慮に入れています。 です これまでに売上高を5000万以上に増やしました、そしてこの数字は将来急速に成長し、今ではこのモニカを運ぶための光沢のある新しいショートカットがあります。

NS カローラクロスは2020年7月にタイでデビュー または、トヨタが米国仕様モデルを発表するほぼ1年前。 コンパクトクロスオーバーの2つのフレーバーは同じように見えますが、本日発表された日本版は、特にフロントフェイシアについて言えば、わずかに異なるデザインで際立っています。

2022年トヨタカローラクロス(JDM)

2022年トヨタカローラクロス

2022年トヨタカローラクロス(米国)

ヘッドライトのグラフィックが異なるだけでなく、JDMバージョンも小さくなっています (偽) 日本の通常のハッチバック、セダン、ワゴンに使用されているカローラ独自のロゴであるバッジの上にグリルを挿入します。 メイングリルは下に移動し、日出ずる国で販売されているため、バージョンが少し広く見えます。

サイドプロファイルは、市場ベースの合金ホイールのデザインとほとんど変わりません。リアエンドには、新しいLEDグラフィックを備えたテールライトがわずかに変更されています。 右ハンドルシステムを除いて、内部の部屋は普遍的なカローラクロスに非常に似ています。それは通常、ある市場から別の市場に移行する外部であるため、驚くことではありません。

ハイブリッドバージョンはまだ米国市場向けに発表されていませんが、その日本の兄弟は、好ましい全輪駆動レイアウトの1.8リッターガソリンエンジンを搭載しています。 E-Fourモデルを選ぶと、カローラクロスはトルクビーム式リアサスペンションからより洗練されたデュアルオプションシステムにアップグレードされます。

ベースのガソリンのみのモデルは、「Z」トリムレベルのAWDハイブリッドで1,999,000円(現在の為替レートで約18,150ドル)と3,199,000円(29,100ドル)の費用がかかります。 もっと使いたい人は連絡することができます シェイプクリエーター 日本のチューナーが初日からカローラクロスのアフターマーケットパッケージを提供しているからです。

最もアグレッシブなフロントバンパーから分厚いサイドスカート、キースプリット付きのボディカラーフェンダーまで、あらゆるものが特徴です。 Modelistaはいくつかの装飾を爆破し、17インチと18インチの合金ホイールデザインの選択肢を提供します。 有名なチューナーはまた、カローラクロスにスパイスを効かせたい人のためにキャビン内にいくつかの小さな変更を加えました。

JDM仕様モデルは本日発売され、Kinto Oneサブスクリプションサービスを通じて月額27,390円($ 250)でのみご利用いただけます。ただし、税金と保険料を含む完全購入は含まれません。

READ  スイマー大橋が優勝し、日本の希望はセカンドゴールドで後押しされる