12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の10年国債が5日ぶりに取引され、イールドギャップが拡大

[東京 13日 ロイター] – 日本の10年物国債は13日、5回のセッションで初めて値上がりし、10年物と20年物の利回りは7年ぶりの高水準に達した。

20年物国債の利回りは1.070%まで上昇し、2015年12月以来の高値となった。 10年国債利回りは、10月5日以来の最初の取引で0.5ベーシスポイント低下し、0.245%となった。

利回りの差は 81.1 ベーシス ポイント (bps) に拡大し、2015 年 5 月以来の最大幅となりました。

日本銀行は、経済を支えるために非常に低い金利政策を維持し、世界的な潮流に逆らってインフレを抑制しているため、10年物利回りを上限の0.25%未満に維持しています。

10 年債は 4 回連続で取引されず、1999 年に新たに発行された 10 年債がベンチマークされたのは初めてです。

2031 年 9 月に満期を迎える 9 年債の利回りは、利回りの変動を制限するという日銀の目標を超えて、0.284% で最後であり、ベンチマークの 10 年債利回りの上昇の可能性を示しています。

30 年物国債利回りは、政府が同じ満期の債券のオークションを開催したため、前の取引で 2 週間ぶりの高値を記録した後、0.5 ベーシス ポイント低下して 1.470% になりました。

SMBC日興証券のストラテジスト、奥村中氏は「オークションの結果は軟調だった。流通市場で生命保険会社からのノートの需要が高まった可能性がある」と述べた。

40 年物国債利回りは 1 ベーシス ポイント低下して 1.690% になりました。

2 年物国債は非取引で利回りは -0.060% でしたが、5 年物の利回りは 0.5 ベーシス ポイント上昇して 0.065% でした。 (藤田純子による報告、キム・コグルによる編集)

READ  日本は東京地域での停電を回避するために初めての停電警告を発しました