6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の10年債利回りは11年ぶりに1%台に

日本の10年債利回りは11年ぶりに1%台に

エディターズ ダイジェストを無料で開く

投資家が中央銀行の歴史的な政策転換の一環として借入コストの上昇に備えたため、水曜日、日本の10年国債利回りは11年ぶりに1%を超えた。

投資家はここ数週間、日銀が3月に8年間にわたるマイナス金利を終了した後、さらに金利を引き上げ、国債買い入れの縮小を開始するとの見方を強めている。

アジア最大の先進経済国の基準となる10年借入コストは水曜日、2013年5月以来の水準で1.005%まで上昇した。

日銀が定例会中に予想よりも少額の5年から10年の日本国債を買い入れて市場を驚かせた5月13日以来、利回りは着実に上昇している。

中銀は3月に10年間の借入コストを抑制するための買い入れ利用を放棄したが、金融市場への衝撃を避けるため国債買い入れを続けている。 上田和夫総裁は以前、中銀には債券買い入れの水準を当面変更する計画はないと述べた。

しかし、日本の当局が円相場を下支えするために複数の介入を行ったと見られているにもかかわらず、日銀は円相場が34年ぶり安値に下落するのを阻止する政策を強化するよう圧力を受けている。

SMBC日興証券の金利ストラテジスト、庄司かおる氏は、最近の長期債利回りの上昇は、日銀が長年利回りをゼロに維持し続けてきた債券市場への支配力を緩めている兆候だと述べた。

庄司氏は「日銀が予想を上回るペースで債券買い入れを縮小するのではないかとの懸念があり、それが利回り上昇の主な要因となるだろう」と述べた。

日銀がより少量の債券を購入する可能性はあるが、資産購入を完全に停止したり、資産売却を開始したりする可能性は低い。 むしろ当局者らは、中銀の広範なポートフォリオを段階的に削減するために満期を迎える債券に頼ることができると考えている。

ポートフォリオの年間満期は今後数年間で約70兆円(4,470億ドル)となる予定です。 日銀はそのようなペースで債券を購入しているわけではなく、購入スケジュールのわずかな変更がポートフォリオの下落を引き起こす可能性がある。

ゴールドマン・サックスは今月初めのリポートで、日銀が2027年までに政策金利を1.5%に引き上げ、2026年末までに10年債利回りが2%に達するとの見通しを示した。

READ  渡辺選手、大橋選手、瀬戸選手も全日本SC選手権初日から活躍