2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の iSpace は、最初の商用月着陸船の打ち上げの遅れに備える | WKZO | WKZO | すべてのカラマズー

ロッキー・スウィフト

東京(ロイター) – 日本の宇宙スタートアップは、国内初と民間企業の宇宙船を月に打ち上げることを目指しているため、日曜日に3回目の魅力になることを望んでいます.

ispace Inc の HAKUTO-R ミッションは、SpaceX Falcon 9 ロケットの検査による 2 回の遅れの後、午前 2 時 38 分 (日本では午後 4 時 38 分、0738 GMT) にフロリダ州ケープカナベラルから離陸する予定です。

米国、ロシア、中国の国家宇宙機関は、過去半世紀にわたって地球の近隣諸国への軟着陸を達成しましたが、どの機関も達成していません。

ミッションの成功は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて中国の競争力が増し、ロシアのロケットに乗れなくなった現在、日米間の宇宙協力における画期的な出来事となるだろう。

億万長者の前澤友作氏が金曜日に、来年早々に月のスペースXフライバイに参加したいと考えている8人の乗組員を明らかにした後、それは日本の宇宙で満たされた日を短縮する.

白兎という名前は、西洋の月の人間の概念とは対照的に、日本の民間伝承で月に住む白いウサギを指します. このプロジェクトは、商用ベンチャーとして復活する前に、Google Lunar XPRIZE のファイナリストでした。

来年はアジア暦では卯年です。 ドイツで組み立てられた宇宙船は、4月末までに月に着陸する予定です。

同社は、これが政府および商用ペイロードの多くの配信の最初のものであることを望んでいます. iSpacecraft は、小型の NASA 衛星を月周回軌道に投入して、アトラス クレーターに接触する前に水の堆積物を探すことを目指しています。

M1 着陸船は、日本の JAXA 宇宙機関の二輪の野球サイズのローバーと、アラブ首長国連邦製の四輪の Rashid Explorer の 2 台のロボット ローバーを使用します。 また、NGKスパークプラグ社製の実験用全固体電池も搭載する。

民間資金による iSpace は、NASA と 2025 年からペイロードを月に送る契約を結んでおり、2040 年までに恒久的に有人の月コロニーを建設することを目指しています。

(ロッキー・スウィフトによる報告、ウィリアム・マラードによる編集)

READ  日本政府は、福島原発事故によって引き起こされた損害について責任を負いません:裁判所